본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】体細胞クローン研究、今回はしっかりと進めよう=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
体細胞クローン胚を使った幹細胞研究が7年ぶりに再開された。韓国保健福祉部はチャ医科大学が提出した体細胞クローン胚に関する研究計画を今月11日、条件付きで承認した。これでチャ医大は2009年に保健福祉部の承認を受けて進めていた途中で一次幹細胞株の生成に失敗した研究に再挑戦できることになった。

チャ医大は2年前、米国で新鮮な卵子を使った同じ研究に成功したことがあり、今回の研究も成功の可能性は高いと評価している。2020年までに体細胞クローン胚から幹細胞株を作り、これを視神経損傷や脳卒中、骨軟骨異形成など難病患者の細胞治療用に活用する計画ということで否が応でも期待が集まる。

これは2005年以降、枯死同然だった幹細胞研究にとって「恵みの雨」のような朗報だ。韓国の幹細胞研究は黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大教授の論文捏造余波でほとんど中断に追い込まれ、永らく無為な歳月を送らなければならなかった。韓国生命科学界は途方もない打撃を受けた。このため今回の承認は、国内幹細胞研究分野の「失われた歳月」を取り戻すための信号弾になる見込みだ。今回の研究再開を機に、難病治療のための先導的技術を確保しようとする韓国科学界の努力が本格化するものと期待される。

肝に銘じるべきことは、体細胞クローン杯研究が持続的に行われるためには研究過程で高い水準の倫理的基準をクリアすることが必須だという事実だ。依然として体細胞クローン杯研究の副作用に対する懸念が韓国社会に存在するためだ。今回の承認で、卵子の獲得が合法的に行われるのか、施設内審査委員会が適正に運営されるのか、人間クローンの防止のための監視体系がしっかりと整っているのかを監視するシステム構築など、難しい条件がついたのもこのためだ。

チャ医大はこのような倫理的基準をクリアできるように積極的に管理しなければならない。政府や科学界も持続可能な体細胞クローン杯研究のために倫理的基準の遵守を確実に定着させなければならない。できれば今回の研究再開が一時世界をリードしていた韓国のES細胞研究復活の転機になることを願う。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기