본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

SKが参入…韓国財界ビッグ4の戦場となった電気自動車バッテリー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
SKイノベーションがメルセデスベンツを生産するドイツのダイムラーグループに電気自動車用バッテリーを供給する。

SKイノベーションは最近、ダイムラーとバッテリーセル供給契約を締結したと17日、明らかにした。ダイムラーは来年以降発売する電気自動車にSKイノベーションが供給したセルをパックに組み立てて搭載する予定だ。同社の李恒洙(イ・ハンス)専務は「今回の契約はベンツのいくつかのモデルにバッテリーを供給する大規模プロジェクト」と述べた。

SKイノベーションの電気自動車用バッテリーは、メルセデスベンツが開発中の電気自動車4モデルに搭載されるという。プレミアム自動車市場のライバルであるBMWとアウディはもちろん、米電気自動車企業テスラと競争中のダイムラーは最近、電気自動車のラインナップ強化に企業全体レベルで力を注いでいる。こうした中、SKイノベーションが主要パートナーになったのだ。

SKイノベーション側は「ダイムラーが最高水準の製品だけを選別して使う企業であることを勘案すると、今回の契約はSKイノベーションがグローバルバッテリー市場に挑戦する第一歩」と話した。

国内財界1位のサムスングループと4位のLGグループが集中的に育成する電気自動車用バッテリー市場に3位のSKグループも本格的に参入したのだ。財界2位の現代車グループはナムヤン研究所でバッテリー関連技術を蓄積している。

財界1-4位グループがすべて電気自動車用バッテリー市場に力を注ぐのは、それだけ電気自動車の成長性が高いからだ。世界電気自動車市場は2020年まで年平均40%以上ずつ成長し、2020年には販売1000万台を超えると予想される。

実際、国内バッテリー生産企業は需要に追いつくために腐心している。SKイノベーションの関係者は「現在、忠清南道瑞山(ソサン)のバッテリー工場を24時間フル稼働中で、今後さらに増える注文に対応して工場を増やす計画」と述べた。SKイノベーションは今回の契約で、現在年800万MWh(高性能電気自動車1万3000台分)の生産能力を倍以上に拡大する戦略だ。昨年、電気自動車バッテリー分野で売上高7000億ウォン(約700億円)となったLG化学は今年、電気自動車バッテリー関連の売上高が1兆2000億ウォンを超えると期待している。LG化学は昨年10月、中国南京に年産5万台規模の工場を建設し、今年から本格的に稼働する。

化学部門を売却したサムスンSDIは自動車のバッテリーに集中する計画だ。先月、「2020年まで自動車バッテリーに2兆-3兆ウォンを投資し、蔚山(ウルサン)と中国西安に続く第3工場への投資も検討中」と明らかにした。

世界生産量1-10位企業がすべて韓日中にあり、3カ国の競争が激しい。現在世界1位は昨年市場シェア64.3%の日本だ。しかし日本の障壁はそれほど高くはない。技術力ではLG化学とサムスンSDIが順位を競う。世界1位のパナソニックは、独占的バッテリー供給先だったテスラが最近供給先多角化を宣言したことで危機を迎えた。4位の日本のAESCは日産の子会社であり、他の自動車企業にバッテリーを供給するのに制約がある。

一方、中国は2014年6.3%だった世界市場シェアを昨年18%に高め、韓国(17.7%)を追いついた。文承逸(ムン・スンイル)ソウル大学校基礎電力研究院長は「中国は政府が電気自動車関連戦略を立てて自国の企業を後押ししている」と説明した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기