본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【中央時評】技術革命に備えよう=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
人工知能、ロボット、無人自動車、3Dプリンティング、生命工学の新技術が人類の生活を大きく変え、世界経済の新しい成長動力になるという見方が出ている。もうロボットは空想科学小説の中だけに存在するのではない。人工知能は携帯電話の音声命令やデジタル健康管理製品のように日常で広く活用されている。ドローン(無人小型航空機)は観測、軍事、農業、運送のために空を飛んでいる。世界の多くの企業と政府は次々と新技術競争に飛び込んだ。

人類の長い歴史で技術は経済発展の最も重要な要因だった。人間は技術を発展させて自然条件と肉体の限界を克服し、途方もない生活の豊かさを享受することができた。1775年にジョームズ・ワットの蒸気機関発明で人力・畜力・水力・風力に代わる新しいエネルギー源が生まれ、「産業革命」が始まった。1879年にトーマス・エジソンが電球を発明して人工照明が大衆化し、夜間にも工場が稼働し、劇場や食堂が営業した。電力供給体系を備えて電気が代替エネルギー源として使われ、大量生産が始まり、「第2次産業革命」の時代が開かれた。

スイス・ダボスで開催された2016年世界経済フォーラムでは「第4次産業革命」がトピックだった。1970年代以降、コンピューターや情報通信技術の発展で生産効率が高まり、インターネットが世界を同時間帯につないだのを「第3次産業革命」といった。今はもうコンピューターネットワークのサイバー空間と物理的な世界がリアルタイムで連結し、事物がお互い疎通して自動的・知能的に制御される複合システムで第4次産業革命が始まったという。「高度な自動化」「超連結」「融・複合産業の発展」で従来の3回の産業革命に劣らない人類の歴史の変化が起きると予想する。

新しい技術発展にあらかじめ備えなければいけない。大きな技術の発展は過去の技術の使い道をなくし、従来の産業を破壊することもある。オンラインを通じた小売業とフィンテック(FinTech)の発展は、オフラインの大量流通企業と銀行に大きな影響を及ぼした。ロボットとモノのインターネットは生産方式を大きく変え、人間の消費と余暇活動にも多くの影響を及ぼすだろう。

労働市場でも多くの変化が生じる。自動車やコンピューターの発明は多くの雇用をなくしたり新しく創出したりもした。世界経済フォーラムの「未来雇用報告書」はロボットと人工知能が今後5年間に15カ国で710の雇用をなくし、200万の雇用を新たに作ると分析した。まだ推定値にすぎず、未来の新技術が人間の雇用と業務に及ぼす影響は不確かだ。しかし技術を利用できる人とそうでない人の間で所得格差が広がるのは明らかだ。

【中央時評】技術革命に備えよう=韓国(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기