본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

秋夕を前に国内産鮮魚の区別方法が公開、日本産のマダイは…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の国立水産物品質管理院は、原産地の偽装事件がしばしば発生する魚のイシモチ・タチウオ・サバ・タイの国内産と輸入産の見分け方法を2日公開した。また秋夕(チュソク、中秋)を控えて全国の大型マート・水産市場を対象にした原産地表示の特別取り締まりをこの日から始めた。

管理員によれば国内産イシモチは中国産フウセイと似ており消費者が混同しやすい。国内産イシモチなのかを確認するには、頭にダイヤモンド形の突起が出ているかを確認しなければならない。またイシモチの唇はフウセイよりも赤い。イシモチのお腹から背びれまでの長さ(体長)も調べるとよい。これまでに見たイシモチよりも体長が長くてお腹の部分が黄金色を帯びている魚が、国内産イシモチと表示されていたら中国産と疑ってみる必要がある。このほかにアフリカのギニア海で捕れるイシモチは尻びれのトゲが際立って長い。

放射能汚染に対する憂慮で人気が大きく下落している日本産のタイが国内産として原産地表記が操作されることもあると管理員は説明した。タイで一番最初に確認しなければならないことは体の色だ。桃色のタイの体色が普段見るものより濃く感じられるならば原産地を疑ってみる必要がある。背中側の横線の周囲に青緑色の斑点が鮮明ならば日本産である確率が高い。

タチウオの場合、目の周囲が白いなら国内産、黄色いならインドネシア産だ。国内産タチウオは尾が長くて細いのに比べインドネシア産は短く太いのが特徴だ。管理員はまたノルウェー産のサバを国内産だと偽装して売る事例もあるとして注意を促した。最も違う特徴は、背中の部位の青緑色の波紋だ。この紋が細くて薄いものが国内産だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기