본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

朴大統領「日本の政治家は過去を治癒する勇気のリーダシップを」

ⓒ 中央日報日本語版
朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日、第68周年光復節記念式での演説で日本の過去史問題について、「日本の政治家らが過去の傷を治癒していく勇気あるリーダーシップを見せなければならない」と忠告した。

朴大統領は、「過去を直視しようとする勇気と、相手の痛みに配慮する姿勢がなければ未来へ進む信頼を積むのは難しい」としてこのように話した。

朴大統領は、「日本は北東アジアの平和と繁栄をともに開いていく重要な隣人だが、過去史問題をめぐる最近の状況は韓日両国の未来を暗くしている」と懸念を示した。

朴大統領は、「大多数の日本国民は韓日両国が北東アジアの平和と繁栄をともに作っていくことを願っていると信じる。政治が国民のこうした気持ちに従うことができず過去に戻るならば新しい未来を見ることはできないだろう」と批判した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기