본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

期待に及ばなかったカカオの業績…CEO「カカオトークの限界」5回も言及

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

カカオ創業者の金範洙氏[写真 カカオ]

韓国の大手インターネットサービス会社「カカオ」のナムグン・フン代表がカカオトークの「大手術」を予告した。ナムグン代表の就任後初めてとなる業績発表(1-3月期)があった4日だ。ナムグン代表はカカオトークを50億人が使用する軽いサービスに進化させるという構想を明らかにした。

12年目を迎えたカカオトークは約5000万人が使用している。カカオはカカオトークをテコにしてモビリティー、決済、金融、ゲーム、エンターテインメントなどに国内事業領域を拡張した。しかし経営陣はカカオトークの拡張性と収益性がすべて限界に達したとみている。

収益モデルの期待株だったトークビズ(カカオトーク内の広告)の成長も停滞している。今年1-3月期のトークビズの売上高は4610億ウォン(約473億円)と、前期(4750億ウォン)比で3%減少した。この日、ナムグン代表は「カカオトークの限界」に5回も言及した。

地域商圏侵害、プラットホームの横暴などの非難にカカオが出した答えは「グローバル進出」だった。しかしカカオトークのような強力なプラットホームがなければ海外では難しい。ナムグン代表は「韓国語の使用者5000万人は全世界50億人の1%にすぎない」とし「(カカオトーク使用者を)1%から99%に拡張する必要がある」と強調した。

ナムグン代表は「カカオトークのオープンチャットを拡張された(メタバース)空間に発展させ、新しい文化、社会的活動をつくる」と述べた。Tik Tokやタングンマーケットのように使用者がアプリの中で遊ぶ滞留時間を増やすことを狙う。カカオトークプロフィール、友人、対話領域から変わる予定だ。ナムグン代表は「プロフィールで自分だけのキャラクターペットを育てたり、『きつい』という状態メッセージを載せれば、他の人がハートメッセージを送り、気分転換用の芳香剤をプレゼントする形になるだろう」と説明した。

一方、予想を下回る1-3月期の業績を先月発表したネイバーに続き、カカオがこの日に公開した1-3月期の業績も市場の期待に及ばなかった。カカオはこの日、1-3月期の売上高を1兆6517億ウォン、営業利益を1587億ウォンと公開した。前年同期比で売上高は31%増、営業利益は0.8%増だが、証券業界の予想値平均(売上高1兆7403億ウォン、営業利益1616億ウォン)には達しなかった。非対面特需が終わり、ロシア・ウクライナ戦争などで広告の景気が悪化した影響だ。今年1-3月期の人件費は4200億ウォンと、前年同期比43%急増した。カカオモビリティーやカカオペイなど新事業サービスの売上高も3110億ウォンと、前期(3990億ウォン)比22%減少した。

今は株価の回復が課題だ。1-3月期の業績を発表したこの日の株価は8万9000ウォンと前日比0.56%上昇したが、依然として昨年6月の取引場での最高値(17万3000ウォン)の半分にすぎない。

カカオは当面、収益性の強化よりグローバル投資を強化する方針だ。カカオ側は「営業利益率2けたを維持し、成長と投資をバランスよく維持する」と説明した。モビリティーやブロックチェーンなど新事業のグローバル拡張も本格的に進めていくという。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기