본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交部「2021外交白書」発刊…日本「最も近い隣国」維持

ⓒ 中央日報日本語版

「2021外交白書」

韓国外交部が6日、「2021年外交白書」を発刊したと明らかにした。

外交白書には▽2020年国際情勢と外交政策基調▽新型コロナウイルス対応に向けた外交展開▽韓半島(朝鮮半島)平和と域内協力増進▽外交地平拡大▽経済外交強化とニューフロンティア外交推進▽国際社会内の役割拡大と地位向上▽国民と共にする外交▽革新を通じた外交力強化――などが盛り込まれた。

韓日関係に対して外交白書には2020年と同じく日本を「最も近い隣国」と表現した。2020年版外交白書で「隣国」に1段階格上げしたのをそのまま維持した。韓日関係を歴史問題解決と実質分野の未来指向的協力を区分して推進するという「ツートラック」の基調を堅持したとみられる。

外交部は韓中関係については新型コロナウイルス流行の状況でも高官級の交流が進められた点に言及し、「韓中戦略的協力パートナー関係を安定的に発展させた」とした。

韓米関係に対しては「新型コロナウイルス拡散にもかかわらず、韓米両国は多様な定例安保協議体を通じて緊密に疎通し韓米同盟を堅固に発展させた」とし、昨年7月に宇宙ロケットに対する固体燃料使用制限を完全に解除する「2020年改正ミサイル指針」を新たに採択したことを成果に挙げたりもした。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기