본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ブリンケン長官「中国、一貫して約束破ってきた…反民主主義に対抗しなければ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アントニー・ブリンケン米国務長官

アントニー・ブリンケン米国務長官は18日、「中国が約束を一貫して破ってきたことを明確に認識している」とし、「中国の反民主主義的行動に対抗することがより重要だ」と述べた。

ブリンケン長官はこの日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の韓国外交部庁舎で韓米外交・国防長官会議後に行われた共同記者会見で、「(会議で)中国の攻撃的かつ権威的な行動が、インド・太平洋地域の安定と安全保障、繁栄にどんな問題をもたらしているか議論した」と述べた。

また、「中国の行動のために、我々同盟間で共通したアプローチを行うことが一層重要になった」とし、「世界的に民主主義と人権の後退現象が現れている。このような時ほど中国の反民主的行動に対抗することが重要だ」と述べた。

北朝鮮については「我々は、北朝鮮の非核化に専念し、北朝鮮が与える広範囲の脅威を低減させなければならない」とし、「北朝鮮の住民は、広範囲かつ体系的な蹂躙を受けている」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기