본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国で新型コロナ「再陽性」91人…WHOも「綿密検討中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国で新型コロナウイルス完治患者の再陽性事例が相次いで発生している中で、世界保健機関(WHO)も韓国の事例を綿密に検討していると伝えた。

ロイター通信は11日、WHOが書面を通じ「新型コロナウイルスのPCR検査で陰性判定を受けた人が数日後に再び陽性と確認される事例が出ているということを認知している」と伝えてきたと報道した。

WHOはロイター通信に韓国の再陽性事例と関連し、「臨床専門家らと緊密に連絡し各事例に対するより多くの情報を得るために努力している。疑われる患者に対する検査を進める際に手続きを順守したかを確認することが重要だ」と説明した。

前日の10日に鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長は新型コロナ完治判定を受けた後再び陽性と確認された患者の事例が91件確認されたと明らかにした。ただ、韓国の防疫当局は彼らが「再感染」したというよりは「再活性化」した可能性にウエイトを置いている。

合わせてWHOは「新型コロナは新しい疾病であるだけに結論を出すためには疫学資料がもっと必要だ。ウイルスがどれだけ生きるのかわかるためには回復した患者から体系的にサンプルを収集しなければならないだろう」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기