본문 바로가기 메뉴 바로가기

豪放送局、韓国アイドル防弾少年団に人種差別とヘイトスピーチ

[ⓒ 中央日報日本語版] 2019年06月20日 15時37分

写真拡大 防弾少年団(BTS)
  オーストラリアの国営放送局Channel9のカルチャーニュース番組で韓国アイドルグループ防弾少年団(BTS)に対する人種差別とヘイトスピーチが登場した。

  19日(日本時間) 、Channel9で放送された「20 to One」は防弾少年団の便りを伝えた。番組で女性司会者が「最高の人気を謳歌する防弾少年団!」と紹介し、男性司会者は「私は聞いたことがない。本当に良くない。金正恩(キム・ジョンウン)が男性アイドルが好きなら、これから韓国の戦争問題はなくすことができるかも」とし「韓国で何かが爆発したというニュースを聞いて爆弾だと思っていたが防弾少年団だった。だが爆弾が爆発したことよりももっと良くない」と発言した。

  また、米国Billboard(ビルボード)でのチャート1位の便りを伝えながら「BTSメンバーのうち一人しか英語ができない」と嘲弄する一方、BTSの国連演説に対して「国連で演説したが、その内容は多分…ヘア製品に関することだった」と発言した。そしてBTSメンバーの7人中1人はゲイであると言う推測性の発言までした。

  これについてBTSファンはオーストラリアの放送局側に公式謝罪を求めている。放送局側はこれについて「問題になった『20 to One』のエピソードは放送規定に違反していなかった」とし「ただ防弾少年団の人気を強調するためにユーモラスに紹介しただけだ。不快を与えた視聴者にはお詫びしたい」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ