본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ソウル整形外科で手術前の中国人女性が死亡、中国で世論悪化

ⓒ 中央日報日本語版

救急車のイメージ

10日、ソウル江南(カンナム)の整形外科で手術直前に心停止となった20代の中国人女性が死亡したことを受け、中国で韓国に対する世論が急速に悪化している。

中国最大ポータルサイト「百度(バイドゥ)」では19日、リアルタイム検索上位圏に一日中、この事故に関する記事が登場した。中国のネットユーザーはこの事故で死亡した女性に哀悼の意を表した。

ただ、一部のインターネットユーザーは「韓国へ整形観光に行く中国人が増えている」「中国も手術が優れているのになぜ海外に行くのか」「韓国は度が過ぎる手数料、無免許代理手術、不法広告など問題が多い」で指摘した。

16日にチャンネルAで報道された今回の事故は、ソウル瑞草区(ソチョグ)の整形外科で発生した。手術が始まる直前、麻酔状態だった20代の中国人女性は突然、心停止状態となり、近くの大型病院に移されたが死亡した。この女性は1次睡眠麻酔の後、2次で手術の部位に局所麻酔をした状態だったという。病院側は警察の調べで「定められた容量内で麻酔薬を注入した」と説明した。

この女性は中国国内で整形手術を受けた後、副作用を訴え、再手術のために韓国を訪れた。警察は正確な死因を調べるため遺体を剖検し、遺族が韓国に入国すればすぐに医療事故の有無に関する調査に入る方針という。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기