본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシア軍の戦争犯罪…占領地コンサートに参加しないウクライナ指揮者を殺害

ⓒ 中央日報日本語版

ロシアのコンサート出席を拒否したという理由で殺害された指揮者ユーリ・ケルパテンコ氏 (写真=ウクライナ文化省フェイスブック キャプチャー)

ロシア軍がウクライナ占領地でコンサート参加を拒否したウクライナの音楽家を殺害したと、英日刊ガーディアンが16日報じた。

ウクライナ文化省はこの日、フェイスブックに声明を掲示し、南部ヘルソンでギレア室内管弦楽団の首席指揮者ユーリ・ケルパテンコ氏がロシアの占領者らが開催したコンサートへの出席を拒否したという理由で自宅で銃で撃たれて死亡した、と明らかにした。

声明によると、ロシアは1日、占領地ヘルソンの平和な姿を誇示するためにコンサートを開き、ギレア室内管絃楽団の演奏を公開しようとした。文化省は「ケルパテンコ氏が占領者の協力を断固拒否した」と明らかにした。

ミコラ・クーリッシュ劇場の常任指揮者でもあるケルパテンコ氏は今年5月まで自身のフェイスブックでロシアに抵抗するコメントも載せていた。

ケルパテンコ氏の家族は先月、故人と連絡が取れないと訴えた。ヘルソン地検はケルパテンコ氏に対するロシア軍の殺人を戦争法と慣習を違反する故意的な殺人とみて正式捜査に着手したと明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기