본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシアが攻め込もうとしているのに…コメディアン出身のウクライナ大統領のとんちんかんな行動(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が主役を演じた『国民のしもべ』は2015年の第1話放送以来、高い視聴率を記録してウクライナの国民的ドラマになった。ゼレンスキー氏は当時ドラマの中で現実政治に無謀に体当たりする教師を演じた。[写真 YouTube キャプチャー]

「ウクライナの子どもは悪い環境で生まれて悪い選択だけを強要される。そしてその人生は良くならない。政治家は権力さえ手にすれば同じ失敗を繰り返すからだ」--。

2015年10月に初放送されたウクライナの国民ドラマ『国民のしもべ(Servant of the People)』の第1話に登場するセリフだ。ドラマの中で小市民であり高校の歴史教師である主人公は、国民の生活よりも自分の利益を真っ先に考える政治家に怒り激しい批判を浴びせ、偶然撮影されたこの様子がSNSを通じて人気を呼び、結局大統領になる。

その役を演じたウォロディミル・ゼレンスキーは4年後、実際にウクライナの大統領になった。「強力な政治的見解や公約がない」(BBC)という憂慮の中でも、清廉潔白な政治新人であることを前面に出し、決選投票で73.2%という高い得票率を記録した。ウクライナ国民は17歳でロシアのコメディテレビショーに出演して知名度を上げてきたコメディアンに希望をかけるほど、前職大統領の腐敗と無能に身震いしていた。しかし12万7000人を要するロシア軍が侵攻の準備を完了した危機の中で、ゼレンスキー大統領はウクライナ国民の期待とは異なる姿を見せている。

◆ロシア軍侵攻危機の中、政敵に集中

19日(現地時間)、ロイター通信によると、ウクライナは前・現職大統領間の葛藤で支持勢力が分裂している。この日、ウクライナ裁判所が国家反逆容疑を受けているペトロ・ポロシェンコ前大統領に対して検察が請求した拘束令状を棄却して内紛はさらに泥沼化している。令状実質審査が行われた裁判所の周囲にはポロシェンコ氏の支持者が集まり、警察と小競り合いが起きた。ポロシェンコ氏の支持者は大統領宮に向かって行進しながらゼレンスキー大統領に対して抗議デモを行った。

ポロシェンコ氏は2019年大統領選挙でゼレンスキー氏に敗北して再選に失敗した政治的ライバルだ。彼は在任時代だった2014~2015年、ウクライナ東部ドンバス地域の親ロシア分離主義勢力の資金調達を助ける大量石炭販売に関与したという容疑で調査を受けている間、先月ポーランドに出国したが17日にウクライナに復帰した。帰国当時の第一声は「危機に瀕している祖国を助けるために帰ってきた。ゼレンスキー氏は全く関係がない容疑を私にかけて粛清を行おうとした。彼はロシアの攻撃に対して何をするべきかも分かっていない」だった。

国が風前の灯火の状態だというのに、前・現職指導者が団結どころか政治的な争いを繰り広げている局面だ。17日、米国ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は「ウクライナと西側間の会談で疎外されたゼレンスキー大統領が国内問題に重点を置いている」と指摘した。19日、ウクライナ首都キエフでゼレンスキー大統領に会ったトニー・ブリンケン米国務長官も「ロシアに対抗するウクライナのリーダーたちが団結した戦線を形成しなければならない」と強調した。
ロシアが攻め込もうとしているのに…コメディアン出身のウクライナ大統領のとんちんかんな行動(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기