본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

国際大会にマスクをつけて出場した中国女子バレーボールチーム…「過度な防疫だ」非難殺到

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国女子バレーボール代表チームがマスクをして国際試合に出場したが、これを見た中国国民から非難が殺到している。中国バレーボール協会が公式謝罪声明を出したものの、選手に責任転嫁をしたとして世論がさらに悪化した。

25日、フィリピンで開かれた2022年バレーボール女子アジアカップで中国代表チームがイランと対戦した。ところがこの試合の中で、イラン選手たちと違って中国選手はマスクを着用して試合に臨み、この様子は中国官営「中国中央テレビ」のスポーツチャネル(CCTV-5)を通じてそのまま電波に乗った。

選手たちは息苦しそうにサーブの直前にマスクを持ち上げたり下げたりし、プレー中は息をするたびにマスクが内側に吸い込まれていくところが明らかに見えた。中国チームは第1セットを落とした後でマスクを取り、次の3セットを連続で奪い返して勝利をあげた。

この試合を見守った中国国民は激しい非難の声をあげた。中国ソーシャルメディア(SNS)である微博(ウェイボー、中国版ツイッター)では「運動は言うに及ばず、暑い日はマスクをして歩いても死にそうだ」「マスクをして激しい運動をすれば人は死ぬという事実を知っているのだろうか」などの批判が続いた。

2020年4、5月に中国湖南省の中学校で体育時間中に生徒がマスクをしたまま走り、そのまま呼吸困難に陥って倒れて亡くなるという死亡事故が相次いで発生した。その後、学校体育時間には互いに安全距離を維持してマスクをしないようにする措置が下された。

結局、中国バレーボール協会が謝罪声明を発表した。協会側は「試合で代表チームがマスクを着用して大変ご心配をおかけしてしまったことに対して深くお詫びする」とし「細部まで心配りが行き届かず、国民にご心配をおかけして申し訳ない」と明らかにした。あわせて「試合前、一部の選手たちに症状があることが把握され、選手が自身を守るためにマスクを着用した」と付け加えた。

だが、協会のこのような発表はかえって世論に油を注ぐことになった。ネット上では「中国バレーボール協会の反応は残念だ。全面的に選手たちに責任を転嫁している」とし「指導部の誰がこのような決定を下したのか。バレーボール協会指導者はマスクをして5キロメートル走ってみろ」とし、指導部に対して相次いで苦言を呈した。

一部では「選手に保護服を着せることができず申し訳ない」とし、当局の過度な防疫措置を皮肉るコメントもあった。中国女子バレーボールチームのマスク着用論争は26日午前、中国ポータルサイト「百度」でよく読まれたニュース1位にランクインしている状態だ。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기