본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

医師は「突然変異」と言ったが…26年育てた試験管ベビーの息子は実子ではなかった=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

試験管ベビー施術で授かった息子を26年ぶりに遺伝子検査を行った結果、母親との実子関係だけが確認された。[中央フォト]

26年前、ソウルのある大学病院で試験管ベビー手術を通じて授かった息子の遺伝子が夫と一致しない呆れ返ることが起きた。遺伝子検査結果、母親とのみ実子関係であることが分かった。

15日、ニュース1の報道によると、Aさんは1996年試験管手術を通じて息子を授かった。息子が小学校を入学するごろ、健康診断で疑問を感じた。夫婦は全部B型だったが、息子の血液型がA型だったからだ。Aさんが担当医師Bさんに問い合わせをしたところ、突然変異だと説明して海外研究事例などを提示した。Aさん夫婦はBさんの説明を信頼した。

最近夫婦は大人になった子どもに血液型が異なる理由を説明するために病院に資料を要請した。病院は担当医師だったBさんが退職したとし、他の医師を案内したが「介入し難い。Bさんに意見を伝える」と言われた。その後、Aさん夫婦はBさんにメールを送ったが、返信がなかった。Aさんは2月25日病院に苦情を申し立てた。しかし、病院からはこれといった答えを出していない。

病院から血液型問題に関する説明を聞くことができなくなると、結局Aさん夫婦は7月遺伝子検査を行った。母は親母だが、父は親父ではないとの結果が出た。試験管ベビー施術の過程で問題が発生した可能性があり訴訟も調べたが、簡単な問題ではなかった。控訴時効が子どもの血液型を知った日から10年なので勝訴することは難しいという法律的意見が多かった。

Aさんは「韓国消費者院、大韓法律救助公団、ローファームなどに問い合わせそしたが、最後まで聞こうともしない。あまりにも時間が経って敗訴する可能性が大きいと答える」とし、「20年前、医師の話を信じたことに後悔する。なぜそのようなミスをして傷つけたのに事実を隠そうとしたのか納得できない」と語った。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기