본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「香港コンサート」事故の衝撃…「27歳ダンサーが四肢麻痺のおそれ」

ⓒ 中央日報日本語版

首を負傷して四肢麻痺状態の香港のダンサー (写真インスタグラム)

香港のコンサート現場でスクリーンの下敷きになる事故にあった20代のダンサーが数回の手術を受けたが、依然として術後の経過が良くないという。

1日(現地時間)の香港サウスチャイナモーニングポストによると、28日に香港コロシアムで行われた男性グループ「MIRROR(ミラー)」のコンサート現場で、ダンサー(27)が大型スクリーンの下敷きになる事故にあい、首を深刻に負傷して病院で2回の手術を受けた。

カナダ・トロントに居住するダンサーの両親は急いで息子が入院中の病院を訪れ、息子の状態を確認したという。ダンサーの親は現地メディアのインタビューで「2回、首の部位の脊椎に手術と集中治療を受けたが、依然として良くない状態」と話した。

ダンサーのけがが深刻で、首から下が麻痺する可能性もあるという。MIRRORのコンサートに参加したダンサー23人は共同声明書を発表し、「MIRRORの12人のメンバーとダンサーは公演をするために熱心に努力してきた」とし「公演者に関する虚偽の疑惑と攻撃は控えてほしい」と呼びかけた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기