본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

香港の感染者急増に習主席が厳しい叱責…「防疫が最優先任務」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国の習近平国家主席

香港で最近新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染者が一日数千人台に急増すると中国の習近平国家主席が関連部署に迅速な防疫支援を指示した。

16日、親中志向の香港「文匯報」は「香港の新型コロナ拡散が習近平主席を心配させている」とし「韓正副首相を介してキャリー・ラム行政長官に重要な指示を伝達した」と報じた。習主席は「早急な防疫はすべての任務に優先する」とし「すべての動員可能な力と資源を動員し、すべての必要な措置を取れ」という3つの「すべて」防疫を指示した。習主席は早急な防疫措置として「香港市民の生命の安全と身体の健康を確保し、香港社会の情勢安定を確保せよ」という2つの「確保」を指示したと文匯報は付け加えた。

香港は今月15日に一日の新規感染者が1619人発生し、1次陽性者だけで5400人を記録した。香港は医療機関で一次を判定した後、当局の2次判定を経て感染者数を発表している。これにより、香港は5日連続で感染者が1000人を超えた。2020年初めに新型コロナが発生して以来、2年間で最多となる。専門家は一日の感染者が7000人台まで増える可能性があるとして懸念している。人口740万人余りの香港の16日現在の累積患者は2万6670人で、死亡者は227人となっている。

「防疫が最優先任務」という習主席の厳しい叱責は、香港で西欧の「ウィズコロナ」と中国式の「ゼロコロナ」政策が競合する中で出てきた点で注目される。親中中華圏メディア「多維」は16日、「香港のコロナ統制悪化が『ゼロコロナ』政策の必要性を証明した」と報じた。すなわち「香港が中国式『ゼロコロナ』でも西洋式『ウィズコロナ』でもない防疫と動揺する態度が今回の危機の根本原因」としながら「今回の防疫危機が防疫に対する否定的態度に一撃を加え、多くの市民に『ウィズコロナ』政策の間違いを感じさせた」と主張した。

習主席の今回の防疫指示が異例だという指摘もある。北京航空航天大学一国二制度法律研究センターの田飛龍主任は「北京が今後香港当局に防疫失敗の責任を問う可能性がある」とし「コロナ拡散と大衆の不満が高まれば香港の繁栄と安定の根本を脅かしかねない」と話したと、サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が16日、報じた。田主任は香港政府が強制核酸調査のための封鎖のような特別な措置を取るべきで「行政長官が中国本土の防疫経験を学ばなければならない」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기