본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本、オミクロン株ピークアウトか…感染者6万人台に4日連続で減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
一日10万人を超えていた日本の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者数が減少に転じた。1月初めに始まったオミクロン株の勢いが1カ月でピークアウトし、減少し始めたのではないかという期待が出ている。

NHK放送などによると14日、日本全国の新型コロナ感染者数は6万142人という集計結果が出た。前日の7万7400人より1万7000人減り、1週間前の月曜日の7日に比べても5000人ほど減少した数値だ。

日本の新型コロナ感染者数は5日に10万5620人でピークに達した後、9日には9万7813人、10日には9万9667人と1週間前と同じ規模を維持した。その後11日から4日連続で前週の同じ曜日と比べて減少した。13日までの一週間の新規感染者数は61万人台で、新型コロナの流行以来、過去最多だった前週の63万人台から2万人減少した。

東京都は、14日に1万344人の感染者が確認され、6日連続で前週の同じ曜日の感染者数を下回った。しかし、東京都側は「感染者数が減ったのは事実だが、連休の影響で一時的な現象の可能性もあり、もう少し様子を見て判断する必要がある」と説明した。

新規感染者の増加はピークを過ぎた様相を見せているが、死亡者は14日にも148人出た。重症患者も1393人で、4日連続で1300人を記録している。

新型コロナに感染した後、入院せずに自宅療養中の患者数は54万3045人に及び、初めて50万人を超えた。全国47都道府県のうち20カ所で新型コロナ患者用病床使用率が9日基準で50%を超え、状況が最も深刻な大阪は81%に達した。

日本の3次ワクチン(ブースターショット)接種率は14日基準で9.4%だ。後藤茂之厚生労働相は14日、日本政府がファイザーワクチン1000万回分を追加購入し、このうち600万回分を3月までに供給を受けることにしたと発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기