본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「米国、一日に2600人死亡…デルタ株の時より多い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

オミクロン株

米国で最近新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」による死亡者が昨年秋のデルタ株流行の時よりさらに多いことが分かった。新型コロナワクチンが本格的に普及する前である昨年春の死亡者数も上回った。感染力は強くても致命力は弱いと知らされたオミクロン株の危険性を軽視してはならないという指摘が出る。

ワシントンポスト(WP)はデルタ株が頂点をつけた昨年9月よりオミクロン株が大流行する今、一日平均死亡者がさらに多いという分析結果を8日(現地時間)、報じた。7日基準で米国の新型コロナ死亡者は一日平均2600人(最近7日間平均)で、昨年9月デルタ株の大流行当時、最多である2100人を超えた。最近、米国の新規感染者のほとんどがオミクロン株に感染したと推定されるとWPは伝えた。

オミクロン株はほとんどの人にはあまり深刻でない疾病を誘発するが、75歳以上の高齢者やワクチン未接種者、医療脆弱階層は死亡者が増えた。WPは政府のデータを分析した結果、先月米国の新型コロナによる死亡者の半分近くが75歳以上だったと伝えた。昨年9月には75歳以上が死亡者の3分の1を占めたが、その割合が大きくなった。

専門家らは昨年デルタ株が拡大した時点には高齢層がワクチンを多く打って死亡率が減った可能性があると分析した。今の死亡者年齢分布は昨年冬の一日平均3000人が亡くなった新型コロナ初期と非常に類似した状態だとWPは伝えた。昨年下半期に初めてワクチンを打った高齢層の場合、2回目の接種と3回目の接種間隔が過ぎずブースターショットを打つことができなかったため、オミクロン株に脆弱だったかもしれないとの分析もある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기