본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

イスラエルでインフル・コロナ同時感染事例発生…「フルロナ」時は死亡率が6倍(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

イスラエル当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)とインフルエンザに同時感染した事例が発生したと公式発表した。1日(現地時間)、タイムズ・オブ・イスラエルやニューズウィークなどによると、イスラエル政府は中部都市ペタク・チクヴァのベイリンソン病院で先月30日、ある若い妊婦がインフルエンザと新型コロナすべてで陽性診断を受けたと明らかにした。

現地報道機関や海外の主要外信はインフルエンザと新型コロナの二重感染を「フルロナ(flurona)」と命名した。「インフルエンザ(influenza)」と「コロナ(corona)」の合成語だ。「フルロナ」はイスラエル内では今回が確認された最初の事例であり世界的にも多くない。

ベイリンソン病院は、該当の女性が新型コロナとインフルエンザ予防ワクチンをまだどちらも接種しておらず、まだ症状は軽いと伝えた。この病院の産婦人科Arnon Vizhnitserさんは「この妊婦は病院に到着してすぐにインフルエンザと新型コロナの2つの検査で陽性診断を受け、再検査でも結果は同じだった」と話した。イスラエル当局は新型コロナとインフルエンザ、2つのウイルスの結合がさらに深刻な症状を誘発するのかどうかを調べるために今回の事例について研究を進めている。

ニューズウィークなど一部外信は、イスラエルで見つかった今回のフルロナ事例が世界初だと伝えたが、すでに海外の論文等を通して新型コロナとインフルエンザの二重感染事例が発表されたことがある。

米国医師会雑誌(JAMA)の2020年資料によると、ニューヨークの新型コロナ入院患者1996人を対象に行なった検査で、1人がインフルエンザに同時感染していたことが分かった。カリフォルニアの新型コロナ感染者116人を対象にした検査では1人がインフルエンザに陽性反応を示した。

また、2020年英国では新型コロナとインフルエンザに同時感染すれば死亡確率が高まるという研究結果が発表されている。当時、英国公衆衛生庁の研究チームが1月20日から4月25日まで新型コロナとインフルエンザ検査を受けた約2万人を対象に分析した結果、58人が2つの感染病で同時感染していたことが確認された。同時感染者の死亡率は無感染者の6倍、新型コロナだけに感染した患者の2.3倍高いことが分かった。

研究チームは「(調査対象者のうち)新型コロナとインフルエンザに同時感染した患者の43%が死亡し、新型コロナだけにかかった患者は27%、インフルエンザ患者は4.8%という死亡率だった」と明らかにした。続いて「インフルエンザは一般の風邪とは違う。新型コロナとインフルエンザに同時感染すれば、状況が深刻になる可能性がある」と警告した。
イスラエルでインフル・コロナ同時感染事例発生…「フルロナ」時は死亡率が6倍(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기