본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ウィズコロナ近づくも一日の死者21人…第4波以降で最多=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナ新規感染者数が2日連続で1100人未満となり減少傾向が表れている中、一日の死者数が第4波以降で最多となった。

中央災難安全対策本部は19日0時基準で一日の新規感染者数を1073人と発表した。前日の1050人に続いて2日連続の1100人未満で、第4波に入って最少水準。しかしこの日、新型コロナによる死者数は21人に増え、8月26日(20人)以来54日ぶりに20人台となった。

◆防疫当局「9月末に感染者急増した影響」

こうした背景について中央事故収拾本部のパク・ヒャン防疫総括班長は「9月末に感染者が急増した時に感染した高齢層・重症者を中心に死者が増えている様相」と説明した。通常、新型コロナ感染から死亡までは2-4週ほどの期間がある。すなわち、いま報告されている死者数は2週-1カ月前の新規感染者グループで発生した患者だ。

死者数が21人まで増えたのも1カ月ほど前の第4波のピークが反映された結果という説明だ。秋夕(チュソク、中秋)連休直後の先月25日、新規感染者は3270人と、国内の新型コロナ発生以降で最多となった。その後10月初めまで2000人台の感染者が続いた。感染者が多かったため死者も増えるしかない状況だ。

◆「今後2週間に接種率を高めれば致命率・重症率は低下」

一部では、このままでは11月の「ウィズコロナ(段階的な日常回復)」が不可能になるという懸念も出てきた。しかし翰林大聖心病院の鄭ギ碩(チョン・ギソク)呼吸器内科教授は「いま感染している人たちはほとんどがワクチン接種を完了していない人たちだ。2週後に接種完了が全国民の70%を超え、80%台に向かって進めば、致命率が今より落ちると期待している」と述べた。約1カ月前の9月20日のワクチン1回目接種率は71.1%、接種完了率は43.2%だった。現在は1回目接種率78.8%、接種完了率65.9%で、早ければ今週末に接種完了率が70%を超えるとみられる。

実際、この日の死者21人を年齢別に分類すると、80代以上11人、70代6人、60代2人、50代2人だった。パク班長は「21人のうち突破感染は6人」とし「全体的に未接種高齢者を中心に死者が出た」と説明した。また、4月3日から9月11日までの感染者16万8000人の接種者と未接種者を分析した結果、未接種者の致命率と重症化率はそれぞれ0.41%と2.57%だった半面、接種完了者の致命率と重症化率は0.18%、0.6%と低かった。パク班長はワクチン接種が重症化率と致命率を低める核心だと強調した。

当局は今後2週間に防疫状況が安定的に管理されれば、11月にウィズコロナに転換できるとみている。ただ、10月末までに首都圏の新規感染者が社会的距離3段階基準を満たすとしても、防疫措置の調整で混乱を招くことが懸念されるため段階調整をしないと伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기