본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「革新企業167社のうち韓国は4社だけ…R&D増やすべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国企業

「2000年半ばから15年間にグローバル革新企業に選ばれた167社のうち韓国企業はサムスン電子、LGエレクトロニクス、現代自動車、起亜の4社だけだ。新規革新企業が誕生できる制度的環境を構築する必要がある」。

全国経済人連合会(全経連)が6日に出した診断だ。全経連はボストンコンサルティンググループ(BCG)が2005年から毎年50社ずつ発表してきた「世界で最も革新的な企業」(Most Innovative Companies)の選定結果を分析した。その結果、BCGが15年間で革新企業に1回以上選定した企業の国籍は米国82社、英国12社、ドイツ12社、日本11社、中国(香港含む)10社、フランス5社だった。韓国企業ではサムスン電子が毎年(15回)、LGエレクトロニクスが8回、現代自動車が4回、起亜が2回選ばれた。

全経連の関係者は「BCGはグローバル企業役員1600人を対象に実施するアンケート調査と過去3年間の株主収益率などを反映して革新的な企業を選定していると説明するが、革新企業の特徴は明確でなく別途の分析を行った」と説明した。

◆革新企業、研究開発費・設備投資多い

全経連は「革新企業」とグローバル売上高500大企業を比較した。分析の結果、2021年に革新企業に選ばれた50社の平均資産は500大企業平均の半分(0.5倍)だが、売上高は1.2倍、営業利益は1.8倍、雇用は1.4倍高いことが分かった。革新企業の企業規模は相対的に小さかったが、経営成果が優秀ということだ。

また革新企業はグローバル売上高500大企業より研究開発(R&D)、設備投資、M&A(企業の合併・買収)が活発だった。革新企業の売上高に対する研究開発費の比率は10.0%で、500大企業(3.5%)に比べ2.9倍高かった。革新企業は現金性資産保有分の22.0%を設備投資に支出したが、これは500大企業(10.0%)の2.2倍。革新企業の過去5年間(2016-20年)のM&A回数は平均10.7回で、500大企業の平均(4.8回)の2.2倍だった。営業利益を雇用人員で割った1人あたりの生産性も革新企業(6.1万ドル)が500大企業(4.7万ドル)より1.3倍高かった。

全経連の関係者は「2021年の革新企業リストに新たに入った5社のうち3社がバイオ・製薬業種であるだけに、有望産業への集中支援も必要」とし「韓国で新しい革新企業が出てくるようR&Dや設備投資に対する税額控除を増やし、投資やM&Aを阻害する規制を緩和しなければいけない」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기