본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ワクチン同盟」のために…韓国企業、米国に40兆ウォンの投資“手土産”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

SKイノベーションと米国フォードのロゴ

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米期間中、韓国企業の対米投資が相次いで発表される。韓米首脳会談を控えて大統領と同行したサムスン・現代車・SK・LG経営陣が持っていった「投資手土産」規模が40兆ウォン(約3兆8500億円)相当にのぼるという。

SKイノベーションと米国フォードは20日(現地時間)、「バッテリー同盟」を結んで電気自動車(EV)に必要なバッテリーの共同開発と量産に6兆ウォンを投資することで合意した。2社はこの日、米国で合弁法人(ジョイント・ベンチャー・JV)「BlueOvalSK(ブルーオーバルSK)」を設立することで了解覚書(MOU)を交わした。

SKイノベーションの金俊(キム・ジュン)総括社長は「今回の合弁はフォードとSKの協力を越えて米国政府が強力に推進する電気自動車産業サプライチェーン(バリューチェーン)の構築・成長に核心的な役割を果たすだろう」と明らかにした。ただし、SKは6兆ウォンの投資金をフォードとどのように分担するかは明らかにしなかった。SKはすでに米国ジョージア第1・2バッテリー工場に3兆ウォンを投資している。

フォードのジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)も「SKイノベーションとの業務協約で、今後(競争企業と)差別化できる核心要素を垂直系列化する足掛かりを用意した」と話した。フォードは今回の協約で競争会社であるGM(ゼネラルモーターズ)に比べて弱いバッテリーパートナーシップを強化する契機を用意することができることになった。GMは2019年12月、LGエナジーソリューションとバッテリーJV「Ultium Cells(アルティウムセルズ)」を設立した。

ブルーオーバルSKは車両用バッテリーの基本単位であるバッテリーセルだけなく、複数のバッテリーセルで構成されたバッテリーモジュールも共同開発・生産していく計画だ。SKイノベーションによると、合弁法人は年間60ギガワット時バッテリーを生産することが1次目標だ。60ギガワット時は100キロワット時バッテリーが搭載された電気ピックアップトラック60万台を生産できる規模だ。

サムスン電子が韓米首脳会談を前後して170億ドル(1兆8500億円)規模のファウンドリ(半導体委託生産)投資を発表することが予想される中で、一部の外信からサムスン電子の最終投資先が米国テキサス州オースティン市に決まったという報道が出た。ロイター通信などは「サムスン電子はテキサス・オースティンに先端半導体工場を増設することを決定し、早ければ今年7-9月期に着工し、2024年の完工を目指す予定」と20日、報じた。ロイターは専門メディアを引用して「サムスン電子がオースティンに5ナノ(1ナノは10億分の1ミリ)極端紫外線(EUV)ファウンドリラインを構築するものとみられる」とも報じた。

サムスン電子が海外に5ナノ工程の超微細ファウンドリラインを構築するのは今回が初めてだ。5ナノは今までサムスン電子が商用化した半導体工程の中で最も先を行く「先端」工程だ。

すでに新規ファブ(fab、工場)とユーティリティ設備構築に必要な社内人材をオースティンに派遣したことが分かった。

サムスン電子がオースティン工場増設に170億ドルの投資を確定するなら、これはサムスンの単一投資としては歴代最大規模となる。

サムスン電子は2012年中国西安第1工場に108億ドルを投資したことがある。

サムスン電子関係者は「既存のオースティン工場は1996年にDRAM・NAND型フラッシュメモリー生産工場として建てられ、2011年にファウンドリ工場に変わった」とし「今まで25年間にオースティン工場に投資した総金額は170億ドル程度になるだろう」と話した。

これに先立ち、現代車グループは来年現代車が米国で電気自動車を生産するなど今年から2025年まで5年間で米国に74億ドルを投資する計画だと明らかにした。また、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンに関連し、米国ワシントンでモデルナ-サムスンバイオロジクス、ノババックス-SKバイオサイエンスが了解覚書(MOU)を交換する。

政府高位関係者は20日、「訪米団がワシントンでモデルナ・ノババックス関係者と会う」とし「今回の訪米にサムスンバイオロジクス・SKバイオサイエンスが同行してMOUを締結する」と話した。権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官が21日に訪米する。

モデルナとサムスンバイオロジクスはモデルナのメッセンジャーリボ核酸(mRNA)ワクチンの国内委託生産を確定する。政府高位関係者は「委託生産量や時期、技術移転の有無や方式などについてはまだ決定しておらず、、ワシントン協議で決めるものと承知している」とし「MOUを締結してから、どのラインまで公開するかも2社が決める」と話した。

今回の訪米中、ノババックスとSKバイオサイエンスは新型コロナワクチン研究開発協力を確定する。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기