본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米CDC「デルタ株が支配的変異株に…ワクチン接種しなければ死亡リスク11倍」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスワクチン未接種者は接種者より死亡するリスクが11倍高いという研究結果が出た。

米CBSが11日に伝えたところによると、こうした研究結果は米疾病管理予防センター(CDC)が公開した発病と死亡率に関する週間報告書のうち、4月4日から7月17日まで米国13州の感染事例60万件を調査分析した論文に盛り込まれた。

CDCのワレンスキー所長は前日に開かれた会見でこの研究結果を引用し、「デルタ株が米国内で支配的変異株として感染が拡大したこの2カ月間の感染事例を分析した結果、ワクチンを接種していない人は新型コロナウイルスに感染する確率が4.5倍、入院する確率は10倍、死亡する確率は11倍高いことがわかった」と明らかにした。

また、この研究はデルタ株の感染拡大により、ワクチン接種を終えてもウイルスに感染する確率は上昇したと明らかにした。デルタ株が支配的変異株という状況で入院と死亡を予防するワクチンの効果は概ね高く維持されたが、感染予防は91%から78%に低くなった。

ワレンスキー所長はワクチン接種の重要性を強調した。彼は入院した患者の90%以上がワクチンを打っておらず、病院でワクチン未接種者数は接種者の10倍を超えるという事実を指摘した。

バイデン米大統領は9日、パンデミックに対処するため連邦政府と大企業従業員を相手にワクチン接種を義務化する方針を発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기