본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、国民1人あたりの国家債務1800万ウォン超える

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
韓国の国民1人あたりの国家債務が13日午前11時、1800万ウォン(約170万円)を超えた。

国会予算政策処が集計する「国家債務時計」の総国家債務940兆6000億ウォンを4月末基準の住民登録人口(5170万人)で割った数値だ。個々人が返済するのではないが、1人あたりの債務は中央政府と地方政府の債務に基づいて国家財政の健全性を表す主要指標だ。

文在寅(ムン・ジェイン)政権に入る直前の2016年末に1212万ウォンだった1人あたりの国家債務は現在まで588万ウォン増えた。年平均127万ウォン増となる。これは以前の16年間の増加額の2倍。国家債務比率は来年、初めて国内総生産(GDP)の50%を超えるという見方も出ている。

ソウル大経済学科のキム・インジュン名誉教授は「少子高齢化問題が深刻化した状況で国家負債比率が増えれば、それはそのまま未来世代の負担となる」とし「財政の健全性を体系的に管理する時だ」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기