본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

戦時のような試練という北朝鮮が「ワクチン支援」を拒否する理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長

「戦争に劣らない試練の峠」「かつて経験したことがない難関」。

北朝鮮労働党機関紙の労働新聞が9日、1面の社説に使った表現だ。新型コロナ事態、経済制裁、自然災害に直面した状況が戦時に匹敵するほど厳しいということだ。米外交専門誌フォーリンポリシー(FP)は9日(現地時間)、BBCの東アジア専門委員パトリック・ジェッカー氏の意見を載せ、「北朝鮮は内部の問題を認めようとしない国だが、最近、困難を認める頻度が増えたことに驚く」と評価した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が新型コロナによる困難を1950年に勃発した韓国戦争(朝鮮戦争)に例えたこと、北朝鮮の住民に「最悪の結果に備えるべき」と述べたことなどに言及しながらだ。FPは「北朝鮮政権が『国が苦境に直面している』と認めたとすれば、北朝鮮の状況は本当に深刻だとみるのが安全だ」と解釈した。

こうした状況にもかかわらず、北朝鮮は内部的に「自力更生」を要求している。米国と韓国がワクチンなど人道的支援信号を送っているが「無返答」を維持している。ジェッカー氏はこうした北朝鮮の新型コロナ戦略を「奇異(curious)」と表現し、北朝鮮がワクチン支援を拒否する理由は「住民に新型コロナ以前に戻る希望を抱かせないため」と分析した。当分は感染を防ぐ十分な量のワクチンを確保できないという事実を把握しているため、住民が日常生活に戻る希望を抱いて各種制限の解除を要求しないようにするためということだ。

特に体制の優越性を強調してきた北朝鮮が外国産ワクチン支援を住民に知らせれば、体制の優越性に亀裂が生じることも懸念される、とも伝えた。脱北外交官の太永浩(テ・ヨンホ)国民の力議員が「北としては公開的なワクチン支援ジェスチャーを屈辱的なものと感じるかもしれない」と話した昨年のNKニュースのインタビューを引用しながらだ。

ジェッカー氏は、北朝鮮が最近見せた韓国との関係改善の信号は開城(ケソン)工業団地施設でのワクチン共同生産を念頭に置いた布石であるかもしれないと分析した。この場合、北朝鮮はワクチンを金正恩委員長の指導下で内部的に成し遂げた医療奇跡と宣伝することができるからだ。

北朝鮮は自国内での新型コロナ感染拡大はないという主張を繰り返している。世界保健機関(WHO)が最近発表した「新型コロナ週間状況報告書」によると、北朝鮮保健省は先月29日まで計3万5254人の住民を対象に新型コロナ診断検査をしたが陽性反応はなかったという。

ただ、北朝鮮は水害と食糧難、医薬品不足に苦しんでいるという。北朝鮮の労働新聞は10日、咸鏡南道(ハムギョンナムド)地域で最近発生した洪水による被害状況を報道し、水害復旧指揮組織を新設して復旧対策の準備に入ったと報じた。北朝鮮では今月初めの豪雨で1170世帯の住宅が浸水し、住民およそ5000人が緊急避難した。食糧と医薬品の不足で脆弱階層の困難が深刻になっているという分析もあった。

国連人口基金(UNFPA)のユスピ臨時北朝鮮事務所長は9日、ラジオ・フリー・アジア(RFA)のインタビューで「2020年下半期から北朝鮮の国境封鎖で必須医薬品や児童免疫増進のための物品が全く(北朝鮮に)入っていない」とし「UNFAPが北朝鮮に支援する食糧と物品は主に妊婦と授乳女性、児童など脆弱な北朝鮮住民に直接的に影響を及ぼす」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기