본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国女子バレー金軟景への帰国インタビュー 文大統領への感謝を強要

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金軟景

大韓バレーボール協会のホームページにファンの抗議が続いている。9日に行われた韓国女子バレーボール代表の帰国記者会見で、司会を担当したユ・エジャ競技監督官(韓国バレーボール連盟競技運営委員)は選手の報奨金について質問し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する感謝の言葉を繰り返し強要したことで論議を呼んだ。

翌日の10日、大韓バレーボール協会のホームページの掲示板には200件以上の抗議があった。

あるファンは「すでに感謝していると言っている人に対して、その機会がきたといって感謝を強要するその執拗な態度がバレーボールの発展にどれほど寄与するか」とコメントした。

別のファンは「終始、質問と態度があまりにもひどく、私が選手に申し訳なく感じた」とし「世界でレジェンドと呼ばれる金軟景選手にもこのようにすれば、果たしてバレーボールキッズが出てくるだろうか。バレーボール協会も変わる時になった。謝罪してこれを機に改善すべきだ」とした。

このほか「メディアの前でそれほどお金を与えたことを恩着せがましくしたいのか、たかが6億ウォン(約5760万円)で。言いたいことは多いがやめておく」「帰国直後の選手を空港で捕まえて、横断幕をいくつか変えて写真を撮影する底意は何か」「まともな宿舎も提供せず、長身の選手を日本までエコノミーで行かせ、選手のためにまともにやったことはあるのか」「費用がかからない待遇で選手たちを苦労させておきながら手柄は得ようとする。本当に恥ずかしい」などの批判があった。

バレーボール韓国代表は2014年仁川(インチョン)アジア競技大会で20年ぶりに中国に勝利して金メダルを獲得した。当時バレーボール協会はキムチチゲの店で会食をし、議論を呼んだ。金軟景はチームメートのために自費を出して高級レストランで別に会食をしたという。

バレーボール協会の関係者は「伝達の過程で誤解があった」と釈明した。当時現場にいた関係者は「(ユ監督官の)ストレートな性格がそのまま露出したようだ。悪意はなかった」とし「大統領に感謝の言葉を強要したというより、表現の方法で誤解の余地があった」と話した。

「報奨金の質問」についても「ジョークと見るべきで、浮き彫りにすることはないとみる」とし「インタビューが終わり、金選手の車が出るまで一緒にいたが、インタビューを批判するような言葉はなかった」と説明した。

ユ・エジャ競技監督官は1980年代に韓国代表として活躍した元バレーボール選手で、1986年ソウルアジア競技大会では金メダルを獲得した。大韓バレーボール協会広報副委員長も務める。1男1女は共にプロゴルファー。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기