본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党、尹前検察総長の福島原発関連発言を非難…「日本の首相かと思った」

ⓒ 中央日報日本語版

尹錫悦(ユン・ソンニョル)前検察総長

韓国の与党・共に民主党が5日、野党第1党・国民の力の大統領候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長の失言を非難した。

尹氏は4日、釜山(プサン)日報のインタビューで、福島原発事故に言及しながら「福島原発が爆発したのではない。地震と津波があって被害が大きかったが、原発自体が崩壊したのではない」とし「したがって放射能の流出は基本的になかった」と述べた。

これを受け、共に民主党の韓秉道(ハン・ビョンド)院内首席副代表は政策調整会議で「福島原発事故で放射能が流出したのは明白な事実」とし「無知で偏った思考であり危険だ。本当に心配だ」と批判した。

朴柱民(パク・ジュミン)議員は「尹前総長の世界観は19世紀に可能なこと」とし「放射性物質が多量流出した福島原発について、放射能が流出しなかったと言って国民を不安にしている」と指摘した。

丁世均(チョン・セギュン)元首相は「大統領選挙は『なんでもあり大会』ではない。日本の首相の言葉かと思った」とし「知的レベルをそのまま表す『セルフディス』もこれほどになると自害でなく国民冒とくだ」とコメントした。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기