본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

相手選手を嘲弄、日本には皮肉…「こんなテレビ中継、もう止めてほしい」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
開幕式の時から東京オリンピック(五輪)を欠かさず見ているというフリーランサーのキムさん(26)は地上波放送局の中継陣に好感が持てない。「相手をやみくもに誹謗したりジェンダーの感受性が足りない発言をしたりするなど、とても古いやり方の中継方式」という理由からだ。キムさんだけでなくMZ世代が全般的に持っている不満でもある。

MZ世代が問題にした代表的な発言は25日のアーチェリー女子団体戦から出た。韓国代表チームが金メダルを獲得した直後、MBC中継陣は「韓国美女の夢、五輪9連覇が現実になった」とし「氷の姫が笑い、女戦士が笑う姿がとても良い」と話した。同日開かれた女子卓球シングルスでKBS(韓国放送公社)中継陣がシン・ユビン選手と対戦した58歳のルクセンブルクのニーシャーリエン選手に対して「近所の隠れた名手」「キツネのように競技をする」と解説したことも俎上に載せられた。SBSの中継陣も23日の開幕式に、ある外国選手がランニングマシンで走るパフォーマンスをすると「ホームショッピングのような感じ」と話してひんしゅくを買った。

キムさんは「それでなくても、(選手は)セクハラや誹謗、嘲弄など眉をひそめてしまうようなリアルタイムのコメントに苦しめられているのに、仮にも地上波放送の解説者がそのようなことを言うのは火事になった家に油を注ぐようなもの」と話した。会社員のチョンさん(30)も「私も性認知感受性が優れているほうではないが、このような中継発言は面白くもなく、かえって旧時代的」としながら「外国選手たちに対する無礼な発言も控えなければならないと思う」と話した。

2016年リオ大会の時も「年齢は数字にすぎないというが、28歳は女性の年齢としては年を取っている」「肌がつやつやして見える」「女性選手が鉄でできた装備を扱うのが印象的」などの中継陣の発言が批判を受けた。スポーツ人権研究所のハム・ウンジュ対外協力委院長は「スポーツの現場に今も男性のほうが多いため男性主義的な見解に伴う発言が出てくる場合が多い」とし「人種や性別などにより差別してはいけないという内容のIOC(国際オリンピック委員会)ガイドがあり、このような内容を各放送局でも教育しなければならない」と付け加えた。

若者にとっては「偏った中継」も旧態だ。ある大学生は大学生コミュニティ「エブリタイム」にある放送局の「反日中継」について指摘して「日本がやることなすこといちいち皮肉り口調で中継するのはあまりにも幼稚すぎて稚拙な水準」としながら「日本で平昌(ピョンチャン)五輪を中継する時、同じようにしたらどう思うか考えてみろ」と書いた。この文には「日本がたとえそうしても、私たちが同じようにそうするのは水準が落ちる」というコメントもつけられた。SNSでは「自国の選手が相手の選手と互いに笑顔で挨拶するのを見るといい気分になる」「相手の選手も最善を尽くしたことは分かるので、2人とも一生懸命応援中」「全世界に生中継される五輪で相手の選手を嘲弄するとは恥ずかしい」などのコメントも簡単に見つかる。

変化もあった。28日、アーチェリー中継をしたKBSのカン・スンファ・アナウンサーはチャン・ミニ選手を「弓師」と表現した。画面には「勝負を楽しみ、勝利を待つ女弓師」というテロップが出てきたが、カン・アナウンサーはここから「女」を抜いた。オンラインでは「職業の前に『男』は付けないのに『女』はなぜ必ず付け加えるのか疑問だったが世の中が変化してきている」「素晴らしい」「プロだ」などの反応が出てきた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기