본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国国立外交院院長「日本の韓日首脳会談の先決条件、極めて外交的無礼」

ⓒ 中央日報日本語版

韓国国立外交院の金峻亨(キム・ジュンヒョン)院長

韓国国立外交院の金峻亨(キム・ジュンヒョン)院長が主要7カ国(G7)首脳会談での韓日略式会談を日本が中止したことを批判した。

金峻亨院長は15日、CBSラジオ番組「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演し、日本側が韓日首脳間の会談を中止したことを否認したことについて、『略式会談はその場で少し会って歓談しようという形であったため、約束したことを中止しても約束しなかったと話せる雰囲気」とし「非常に重要であり、我々が韓日関係を改善しようとする考えがあるが、日本が事実上これを拒否したのと同じだ」と話した。

続いて「日本は3つの先決条件を常に前に出してきた」とし「1965年(の条約)をそのまま受け入れろ、慰安婦合意をそのまま受け入れろ、強制徴用で後退しろというこの3種類、これは完全に屈服を要求する極めて外交的無礼だ」と述べた。

金峻亨院長は「我々が会って韓日関係を改善すべきだといっても日本は条件を付ける」とし「日本がずっと条件を付けるため米国がむしろ当惑する状況」と伝えた。

続いて「誰が見ても、韓国は話をしよう、会おうと言っているが、日本がそのような難しい条件を、韓国にただ降伏を前提にする条件を前に出すというのは、韓国にとって外交的に決して不利でない」とし「日本がそのような部分でこうした前提条件を解決することが重要だと考える」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기