본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国北京、鼻の代わりに肛門でコロナ検査…外国人も対象「侮辱的」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国の国旗

中国保健当局が新型コロナウイルス感染の確認のために一部の地域で肛門検査を導入すると住民たちが「屈辱的」と感じてコロナ陰性証明書が必要な旧正月連休の帰郷さえあきらめていると香港蘋果日報が報じた。中国政府は春節(旧暦正月)連休期間に自国内すべての帰省客に出発7日前に発給されたPCR陰性証明書を持ち込むように指示した。海外入国者は出発48時間以内に2回の検査を受けて発給された陰性証明書が必要だ。

中国官営英語新聞グローバルタイムズによると、問題の検査は北京や山東省、青島をはじめとする一部の地域で密接接触者などと海外入国者に実施する。この検査はコロナウイルスが3~5日留まる鼻腔など呼吸器より消化器と排泄物にさらに長く残っているという主張により導入された。中国メディア中国中央電視台に出演した感染病専門家は「正確度をさらに高めることができる」と主張した。ブルームバーグ通信は「この検査を通じて陽性と判明された患者の間でウイルス感染がさらに多いという証拠はない」と指摘した。

検査経験者の中では「侮辱的だった」という反応が多い。検査するためには綿棒を3~5センチ程度挿入して数回も回転する。ワシントンポスト(WP)は最近、微博(ウェイボー、中国版ツイッター)の調査結果、回答者の80%が「受け入れられない」と答えたと伝えた。

先月29日、中国交通部によると、今年春節には延べ人数17億人が移動すると予想され、新型肺炎拡散前である2019年の同期間より40%減った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기