본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「トランプ前大統領、4年間に虚偽主張3万件…半分は最後の年に集中」…米紙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国のトランプ前大統領が在任期間に3万件以上の虚偽または誇張発言をしたという集計が出てきた。うち半分ほどは大統領選挙があった最後の年に集中したという。

ワシントンポスト(WP)は24日(現地時間)、トランプ前大統領の4年間の主張をファクトチェックし、データベース化したところ、こうした結果が出たと報じた。ファクトチェッカーチームは過去4年間の2万5000件以上のトランプ前大統領のツイートを分析し、演説などで述べた500万語を分析した。

WPは「データベースによると、時間が経過するにつれて虚偽・誇張発言件数が急激に増加する傾向を見せた」と分析した。

これによると、トランプ前大統領は就任初年度に一日平均6件、2年目は16件、3年目は22件、4年目は39件の「問題主張」をした。1万件を超えるまでは27カ月(2年3カ月)かかったが、2万件に達するのにかかった期間は14カ月(1年2カ月)だった。その後、5カ月足らずで3万件を超えた。

トランプ前大統領のこうした主張は、政治イベントと重なってさまざまなテーマで登場した。2018年の中間選挙直前には移民関連の内容が急増した。

トランプ前大統領は2018年10月、中米国家出身の米国行き行列を意味する「キャラバン」に身分を把握できない中東の人たちと犯罪者がいるとし、「見るたびに(移民法関連法改正を防いだ)民主党を考えるべき」とコメントした。明確な根拠は示さなかった。取材陣が根拠を尋ねると、「キャラバンに行ってみればギャング組織のMS-13と中東の人たちを見ることができる」とだけ答えた。

貿易・外交・経済などでは根拠なく自分の業績を誇張する場合が多かった。WPは「トランプ前大統領は自身の主張が偽りであることが明らかになっても同じ主張を繰り返す特徴があった」と分析した。

例えばトランプ前大統領は過去最大規模の減税案を通過させたという発言を300回近くした。トランプ前大統領は「私がする減税は1981年のレーガン大統領の減税より大きいはず」と主張し、米国史上最も大きな金額になると約束した。しかし蓋を開けてみるとトランプ前大統領の減税規模は過去100年間で見ると8番目の規模だった。

新型コロナウイルス感染症に関連した問題発言は2500件以上と集計された。代表的なのが「コロナ大流行は大統領選挙が終われば奇跡のように消える」というコメントだ。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、24日(現地時間)の米国の累計感染者数は2500万人を超えていて世界最多だ。

米大統領歴史家のマイケル・ベスクロース氏は「トランプ氏が大統領の身分で絶えず嘘をついた結果、事実に懐疑的な態度を持つ米国人がいつよりも増えた」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기