본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

バッハIOC委員長「WHOが要請なら東京五輪開催を断念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長[写真 文化体育観光部]

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長が、新型コロナウイルスの感染拡大で世界保健機関(WHO)が東京オリンピック(五輪)大会の中止を要求すれば開催を断念せざるを得ないと述べたと、日本のNHK放送が13日報じた。

バッハ委員長は12日(現地時間)、ドイツARD放送のインタビューで「7月24日に開会式ができるよう全力で取り組む」と述べながらも、WHOから大会の中止を求められた場合は開催を断念せざるを得ないという考えを示したと、NHKは伝えた。

バッハ委員長は、「WHOが大会の中止を要求する場合、どう対応するのか」という質問が出ると、「WHOの助言に従う」と答えた。

新型コロナの世界的拡大で東京五輪開催の可否に関心が集まる中、12日にギリシャで始まった聖火リレーは20日に日本に到着する予定だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기