본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「コロナは中国で始まった」…中国の言い訳に細かく反論した専門家たち

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国が新型コロナウイルスによる肺炎が自国から始まったものではないと言い逃れる中でこれに反論する研究結果が出た。中国政府が「模範事例」としている湖北省武漢封鎖措置は新型肺炎の感染拡大を防げず、武漢を封鎖する間に中国の他の都市から世界にウイルスが広がったという内容だ。

米ノースイースタン大学生物社会技術システムモデリング研究所のマッテオ・チナッツィ研究チームなどは6日、国際学術誌サイエンスに、旅行制限が新型肺炎の拡散に及ぼす影響を分析した論文を掲載した。彼らは200カ国以上の人口移動に対するデータを基盤に、感染症の拡散を予測するグローバル感染拡散移動モデルを活用した。その結果、1月23日から実施された武漢封鎖措置は感染症拡散を3~5日ほど遅れさせただけで、拡散そのものを防ぐことはできなかったという事実を発見した。多くの中国の都市に武漢を封鎖する前にすでに感染者が存在していたため、封鎖自体は患者数を減らすのに大きな影響を及ぼせなかったのだ。

シミュレーションによると、武漢封鎖以降2月中旬まで中国発の拡散は一時的に減ったが、その後上海と北京などから他国に広がる事例が増え、世界的な感染を防ぐことはできなかった。また、2月初めに航空会社が中国行き路線の運航を中断したが、すでに新型肺炎感染者が空港での検疫に引っかからずに旅行をしたという予測も出てきた。

◇「地理的距離より『有効な距離』が重要」

ハーバード大学のニーアル・ファーガソン経済学教授はウォール・ストリート・ジャーナルへの寄稿を通じ、これを「ネットワーク効果」と分析した。新型肺炎は感染症に関連した既存の予測モデルより速く広がっているため脅威を過小評価してはならないという意味だ。代表的な例が「スーパースプレッダー」の存在だ。世界に3000カ所のハブ空港があり、ショッピングモールや学校のように地域の中心地の役割をするネットワークが存在するためスーパースプレッダーの脅威は常に存在する。

ファーガソン教授はこれをスケールフリーネットワーク理論に例えて分析した。これはネットワークで各点の連結水準は正規分布のように中間集団が最も多くて両端部分が少ないのではなく、ごく少数に連結が集中し大多数は連結水準が低いという理論だ。頻繁に飛行する人々や社交的な人は他の人に比べ連結水準が高いためスーパースプレッダーになりかねない。彼は2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)のスーパースプレッダーとされる中国人医師の劉剣倫を例に挙げた。中国本土でSARSにかかった料理人を治療した劉剣倫は親戚の結婚式に参加するため香港のメトロポールホテルに宿泊し、劉剣倫と同じ9階に滞在した宿泊客が大挙SARSに感染した。彼らが香港やベトナムなどを歩き回りSARSはわずか3日でアジア全域に広がることになった。ファーガソン教授は「新型肺炎にも1月にシンガポールで開かれたカンファレンスに参加して欧州全域にウイルスをまき散らしたスーパースプレッダーがいる。今回の感染現象を見ると地理的距離より『有効な距離』が重要だ」と説明した。

世界経済に連鎖的な悪材料になりかねないという分析も付け加えた。彼は「ネットワーク効果によりウイルスが旅行関連産業だけでなく世界的な製造業サプライチェーンを乱している。これは社債市場で連鎖的な債務不履行を触発させ世界金融網を壊しかねない」と懸念する。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기