본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

血まみれになった女性審判…「不幸な事故」スペインプロサッカー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

スペインの国旗

スペインのプロサッカーで女性審判が、選手のゴールパフォーマンスを撮影していたカメラと衝突して顔を裂傷を負う事故が発生した。

26日(現地時間)、英国デイリー・メールなどによると、スペイン・セビリアのエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで開かれたレアル・ベティスとアスレティック・ビルバオの2023-24シーズンのラ・リーガ第26節で、副審を務めていた女性審判が中継カメラと衝突して顔を負傷した。

この日の事故は前半13分、ベティスのFWエセキエル・アビラの先制ゴール直後に発生した。アビラの得点を確認して定位置に戻ろうとしていた副審のグアダルーペ・ポラス氏はアビラのゴールパフォーマンスを撮影していた中継放送局DAZNのクローズアップ4Kカメラと衝突した。


これによってポラス氏の目の上の部位が切れて顔面に鮮血が流れた。これを見たベティスクラブの関係者はポラス氏を担架にのせて救急車に運んだ。ポラス氏は近くの病院に運ばれた。

試合は長い間中断され、待機審だったホルゲラス・カステジャーノス氏がポラス氏の代わりを務めることになり試合は再開された。観覧席にいたファンは応援の拍手を送った。

スペイン通信社EFEによると、ポラス氏は「傷を伴った深刻な顔面外傷」で、セビリア市内の病院で緊急手術を受けた。現在は縫合手術を終えて退院したという。

ベティス側は声明を通じて「我々のホームスタジアムで発生した不幸な事故に対してポラス副審に激励を送りたい」としながら「ベティスファンの皆さんが応援している」とエールを送った。

その後、SNSを通じて衝突場面が映った動画が拡散し、ラ・リーガに対する批判が殺到した。中継カメラがピッチの中まで入って撮影をしながらポラス氏と衝突したためだ。

ラ・リーガの元審判だったイトゥラルデ・ゴンサレス氏は現地メディアを通じてラ・リーガのハビエル・テバス会長に「カメラは行ってはならないところに入っていった」とし「審判が安全に仕事ができるようにしてほしい。副審も選手たちと同じようにプロ」と指摘した。

あわせて「もし被害者がポラス氏ではなくロベルト・レバンドフスキ(FCバルセロナFC)やジュード・ベリンガム(レアル・マドリードMF)だったら世界的なスキャンダルが起きていただろう」としながら「ポラス氏が副審だったから何も起きないようだ。これはラ・リーガの間違いだ」と批判した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴