본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アジアカップ>「日本が韓国女性を妊娠させて…」 孫興慜のプロフィール写真で慰安婦侮辱投稿

ⓒ 中央日報日本語版

徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授

2023アジアサッカー連盟(AFC)カタールアジアカップの開幕が2日後に迫った中、AFCの公式ソーシャルメディア(SNS)に慰安婦被害者を侮辱する内容が多数投稿された。

誠信女子大の徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授は10日、SNSを通じて「AFCアジアカップのインスタグラムに韓国の歴史を嘲弄する投稿があった」とし「特に日本軍慰安婦被害者を侮辱する内容が組織的に書き込まれ、必ず措置が取られるべき」と主張した。

続いて「『第2次世界大戦当時、日本が韓国の女性を妊娠させたため、自分たちの歴史とアイデンティティを恥じている』『韓国人は日本人を誇っている』などというあきれる内容がほとんど」と指摘した。


そして「何よもり点を利用して日本の軍人が慰安婦を強奪する場面を絵で表現し、コメント欄に続けて投稿するのも問題」と批判した。

徐教授は「孫興慜(ソン・フンミン)選手の肖像権を無断盗用して自分たちのアカウントのプロフィール写真に使用するなどあきれるようなことが強行されている」と伝えた。

実際、AFCのインスタグラムの掲示物には「日本は韓国女性を妊娠させた」「韓国女性は日本が妊娠させるのによい女性だ」「日本は第2次世界大戦のようにアジアカップで韓国女性を鞭打つ」などのコメントが多数付いた。

孫興慜や金玟哉(キム・ミンジェ)の顔にフェイスマークを合成してプロフィール写真にする人もいた。

徐教授はAFC側に抗議メールを送り、「日本軍慰安婦被害者を嘲弄する多くの投稿を速やかに削除し、非常識なサッカーファンのアカウントは必ず遮断するべき」と要求した。

また、旧日本軍慰安婦関連映像を添付し、「AFCもアジアの歴史を直視し、女性の人権の重要性をもう一度振り返ることを望む」と強調した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴