본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

マスク氏「プーチン、ウクライナ戦から退けば暗殺…だから敗北はあり得ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

イーロン・マスク最高経営責任者

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はウクライナ戦争に関連してロシアのプーチン大統領が戦争から絶対に退くことはできないとし、そのためにプーチン氏に敗北はあり得ないという意見を明らかにした。

13日(現地時間)、ブルームバーグ通信など米国メディアによると、マスク氏は前日ソーシャルメディアのX(旧ツイッター)の「Xスペース」で開かれたウクライナ戦争関連のフォーラムで、プーチン大統領が戦争を続けなければならないという圧力を受けているとし「もし彼が後ろに退けば暗殺されるだろう」と話した。

あわせて「プーチンに敗北はあり得ない」と強調した。このような理由で、マスク氏は米国のウクライナ追加支援予算法案に反対すると明らかにした。


マスク氏は「戦争を延長することはウクライナのためにならない」とし、自身の関心事は戦争による人々の死を止めることだと話した。

続いてプーチン大統領の追放を追求することが賢明なことかは疑わしいとし、「ロシアの政権交代を望む人々はプーチンを除去できる人が誰なのか、その人が平和主義者なのかどうかも考えなければならない。おそらく違うだろう」と話した。

マスク氏は自身が時々プーチンの擁護者として非難されると言いながら「馬鹿らしい」と明らかにした。

マスク氏は自分の会社が「ロシアを弱めるために多くのことをしてきた」とし、ロシアのウクライナ侵攻後ウクライナにスペースXのインターネットサービス「スターリンク」を提供したことやスペースXが宇宙ロケット発射分野で躍進してロシアの比重を減らした点などについて言及した。

このフォーラムには米共和党所属上院議員のロン・ジョンソン、J.D.バンス、マイク・リー各氏と、共和党候補指名争いから撤退を表明したビベック・ラマスワミ氏、ベンチャーキャピタル「クラフト・ベンチャーズ」の共同創業者デービッド・サックス氏らが参加した。

これに先立ってプーチン大統領は今月9日(日本時間)に公開されたタッカー・カールソン前米国フォックス(FOX)ニュースアンカーとのインタビューで、マスク氏に対して「私は彼が勇気ある果敢な人だと思う」と評価していた。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴