본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

上岩スタジアムの芝は? 隊員の食事代は?…「300億ウォン」ジャンボリー請求書が飛んでくる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

11日、ソウルワールドカップ競技場でK-POPスーパーライブコンサートが開かれている。[写真 韓国文化体育観光部]

「損傷した上岩(サンアム)ソウルワールドカップ競技場の芝が完全に復旧するまで政府が最大限支援する」

韓国文化体育観光部が出した15日の報道資料にはこのような部分が入っている。「2023セマングム世界スカウトジャンボリー」大会最終日を飾った「K-POPスーパーライブコンサート」で競技場の芝が激しく損なわれたというサッカーファンの非難が強まり、復旧支援の意志を明らかにしたのだ。当初コンサートは全羅北道全州(チョルラブクド・チョンジュ)ワールドカップ競技場で開催される予定だったが、台風被害が懸念されたため、急きょ上岩ワールドカップ競技場に場所が変更された。急いで舞台と客席が設置されたため、造成に約10億ウォン(約1億1000万円)かかった競技場の「ハイブリッド芝」の一部が損傷した。ソウル施設公団側は「金を使えば復旧が可能だが正確な費用をすぐに推定することは難しい」とした。場合によっては金額が大きくなりかねない状況なので、政界などでは「ジャンボリー危機を収拾するために甘受した費用請求書が届き始めた」という話も出ている。ある地方自治体関係者は「政界ではジャンボリーの異常な進行関連の責任攻防が重要だとしても、さしあたって地方自治体の立場では支出したお金を受け取るほうがもっと重要だ」とし「ジャンボリーは終わったが費用問題はこれからが始まり」と話した。

英米スカウト参加者が早期退営を決定すると、ジャンボリー組織委員会は4日、各地方自治体に隊員の宿泊と安全問題を委託した。この時「地方自治体予備費で先に執行した場合、事後に精算する」という公文書も送ったという。これに伴い、8市道・約3万7000人の参加者を受け入れて大学寮および研修院などに宿舎を用意した。京畿道(キョンギド)は坡州(パジュ)と臨津閣(イムジンガク)展望台などに参加者を派遣して文化探訪プログラムを行い、ソウル市は光化門(クァンファムン)・汝矣島(ヨイド)ダンス行事と各種展示などを用意した。


当初政府が地方自治体に提示した事後精算の基準はないという。通常的に2人1室基準一日15万ウォン水準の宿泊費と1人基準一日5万ウォンの食費を適用する場合、英米だけでなく残りの参加者まで早期退営した8日から閉営式当日の11日までを計算すれば宿泊だけで200億ウォン以上を要するものとみられる。ここに貸切バスの運行および体験行事にかかった費用を合わせれば300億ウォンに達すると予測される。

ジャンボリー精算業務の主体を巡っても綱引きが予想される。これまでは通常このような状況で政府が広域自治団体に予算を分けて支払う場合、広域自治団体が基礎地方自治体に再び予算を分けて送り、各地方自治体がこれを企業・大学・企業などに対して精算していた。しかし今回の場合、突然ジャンボリー関連の業務に投入された地方自治体人材の不満が大きい状況で、精算業務まで任せるのは負担になるという懸念も提起されている。

特に8月は地方政府が予算案業務のほかにも水害や台風など災害・災難対応で忙しかった。ある地方自治体関係者は「精算というのは企業などからあらゆる話が入ってきていて容易ではない」としながら「それでなくてもジャンボリー業務に人材が投入されて業務が増えている。精算業務くらいは組織委が本来通りにやるべきなのではないか」と指摘した。

精算されないか延長される可能性もなくはない。今年上半期まで国税収入は178兆5000億ウォンで昨年同期比39兆7000億ウォン(18.2%)も少ない。このような傾向でいけば、年間税収は356兆ウォンで、今年の歳入予算(400兆5000億ウォン)比44兆ウォン以上の不足になる。4年ぶりに税収欠損が確実視されている状況で、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が「財政健全性強化」に重点を置いていることから、より厳しい精算が行われるのではないかとの見通しも出ている。

ある広域自治団体関係者は「政府から事後精算の公文書は受け取ったが、お金を受け取れない可能性も念頭に置いている」と述べた。民主党所属ある自治体長は「精算を受けられない場合、地方自治体が決算で損失として処理することはあるが、また責任所在を巡り攻防があるのでは」と指摘した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴