본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ゲスト公演だけで100分…マイケル・ボルトン来韓公演制作会社が謝罪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

マイケル・ボルトン。[写真 KBES]

米国のポップスター、マイケル・ボルトンの来韓公演制作会社が「運営未熟」議論に対し謝罪した。

ボルトン来韓公演制作会社のKBESは15日、ホームページに「マイケル・ボルトン来韓公演関連謝罪文」を掲載し、「観客のみなさんに頭を下げ心から謝罪する」と明らかにした。

KBESと観客らによると、前日14日にソウルの高尺(コチョク)スカイドームで開かれたボルトンの来韓公演は当初午後6時開演予定だったが15分程遅く始まった。

特にゲストに招待された歌手ユミとチョン・ホンイルのオープニングステージだけで100分近く続き、ボルトンのステージは午後8時ごろになって始まった。

ボルトンは約1時間の公演を終えて退場し、その後「アンコール」の要請が続いたがボルトンはステージに戻らなかった。チケット予約サイトのインターパークチケットの掲示板などには今回の公演に対する失望感とともに公演運営に対し抗議する投稿が続いた。

KBESはまず15分の開演遅延に対し「多少観覧年齢層が高いため車で来た人が多く駐車などによる遅延が発生した。事前にこれに対し準備するため公式チケット交換は公演3時間半前から行われたが多くの人によりチケットブースの進行業務が遅れた」と説明した。

ゲスト公演が100分ほど続いた点に対しては「15分の公演遅延によるゲスト2チームの公演時間短縮を各アーティストに周知できなかった」とした。

KBESはまた、ステージチェンジで相当な時間が必要とされた点に対しては「リハーサルの中で現場で急に変更されるセットアップ内容などで本公演時にリスクを抱えることになった。時間運行上この点をあらかじめ認知できなかった点も頭を下げて謝罪する」とした。

その上で「観客の方々の失望感と叱責を痛感し15日の公演はもちろん再びこうした問題が発生しないよう最善を尽くしたい。改めて公演観覧に不便と被害をおかけして申し訳ない」と付け加えた。

KBESによると、14日の公演には約1万人の観客が訪れた。ボルトンの来韓公演はこの日同じ場所でもう一度開かれる。この日の公演にはソヒャン、K2キム・ソンミョンのゲスト公演が予定されている。ボルトンは昨年11月に来韓公演をする予定だったが直前に発生した梨泰院(イテウォン)の群衆事故直後にこれをキャンセルしていた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기