본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『ウ・ヨンウ』『パチンコ』、米クリティクス・チョイス候補…『イカゲーム』の光栄は続くのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』スチールカット 写真=ENA

韓国オリジナルドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』と『パチンコ』が米クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)の最優秀外国語ドラマ部門にノミネートされた。クリティクス・チョイス・アワード(CCA)は6日(現地時間)、第28回授賞式のテレビ部門外国語シリーズ賞に両作品をノミネートしたと発表した。

両作品は最優秀外国語ドラマ賞で『1899』(ネットフリックス)、『コペンハーゲン』(ネットフリックス)、『ガルシア!』(HBO Max)、『ザ・キングダム・エクソダス』(ムービー)、『KLEO/クレオ』(ネットフリックス)、『マイ・ブリリアント・フレンド』(HBO)、『テヘラン』(アップルTV+)と競合する。

『ウ・ヨンウ』『パチンコ』は今年、それぞれネットフリックスとアップルTV+で放送された。クリティクス・チョイスは米国放送・映画批評家が作品性と出演俳優の演技力を評価し、テレビ・映画部門に分けて授与する。韓国ドラマがクリティクス・チョイス候補になったのは『イカゲーム』に続いて今回が2回目で、2年連続だ。『イカゲーム』は今年3月、クリティクス・チョイス・アワードで最優秀外国語ドラマ賞と主演男優賞の2冠となり、韓国ドラマの初の受賞となった。

第28回クリティクス・チョイス・テレビ部門で最多候補作品はABC放送のコメディシリーズ『アボット・エレメンタリー』で、最優秀コメディシリーズなど6つの候補に挙がった。

ドラマ作品賞には『キャシアン・アンドー』(ディズニー+)、『バッド・シスターズ』(アップルTV+)、『ベター・コール・ソウル』(AMC)、『ザ・クラウン』(ネットフリックス)、『ユーフォリア』(HBO)、『グッドファイト』(パラマウント+)、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』(HBO)、『セヴェランス』(アップルTV+)、『イエローストーン』(パラマウントネットワーク)がノミネートされた。

第28回クリティクス・チョイス・アワードは来年1月15日にロサンゼルスのフェアモントセンチュリープラザホテルで開催される。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기