본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ホワイトハウス「韓米・韓中関係はゼロサムではない…韓国はインフレ抑制法の受恵国になるだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のケーガン上級部長(東アジア・オセアニア担当)は29日、韓米関係と韓中関係はゼロサムゲームではなく両立可能だと明らかにした。また、電気自動車など脱炭素核心技術を持っている韓国は米国のインフレ抑制法の主要な受恵者になると予想した。

ケーガン上級部長はこの日、ワシントンのシンクタンクであるウィルソンセンターが「米中競争の中の韓国の課題と機会」を主題に開いた懇談会で、「技術と経済協力など、より多くの懸案を扱う堅固で近代化した韓米同盟と生産的な韓中関係は両立できる」との認識を示した。

ケーガン上級部長は韓米関係と韓中関係を「われわれはゼロサムゲームと見ない。また、われわれは韓国に国益に反する行動をしろと話す位置にいたくない」と明らかにした。

その上で、「韓国が世界と域内でもっと大きな役割をし(主要懸案に対する)韓国の立場を明確にすることがかえって中国とさらに堅固で生産的な関係を容易に作れると考える」と言及した。

韓国が米国を含んでインド太平洋主要国と協力して共通利益と規範に基盤を置いた国際秩序を守ることがこうした努力に反する挑戦者に対応する個別の国の位置づけを強化することだと説明した。

中国と最善の関係を維持しようという望みは韓国だけでなくインド太平洋すべての国の悩みだが韓国は北朝鮮の脅威と中朝関係に向けその悩みが大きくならざるをえないと評価した。

ケーガン上級部長はバイデン政権が韓米関係強化に向け努力するのは「2カ国的な理由」だけでするものでなく「バイデン政権がインド太平洋でしようとすることに絶対的に重要」なためだと説明した。

彼は「韓米関係の真の力は両国が共有する利害関係と価値から出る。韓米関係の進化を見れば両国がはるかに広範囲な分野ではるかに足並みを合わせている点は非常に驚くべきだ」と評価した。

ケーガン上級部長は、13日に韓日米3カ国首脳がカンボジアで発表した共同声明は3カ国がインド太平洋と世界で協力を強化することがすべての利害関係に合致するという認識を反映すると言及した後、「特にわれわれ3カ国が北朝鮮の挑戦に効果的に対応する能力を強化するためには協力を強化すること以外に代案はない」と強調した。

ケーガン上級部長は韓国製電気自動車を税額控除対象から排除したインフレ抑制法と関連した懸念を解消するために韓国と解決法を模索しているとしながらも「韓国企業が電気自動車と脱炭素関連核心技術で強みがあるため韓国が国際的にインフレ抑制法の主要な受恵者になるというのが実状」という点を強調した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기