본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>韓国、68年間「第2戦無勝利」の悪縁…ジンクス破ればベスト16見える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

パウロ・ベント監督

韓国サッカーは1954年のワールドカップ(W杯)スイス大会で過去初めて本戦の舞台を踏んだ。日帝強占期そして戦争の痛みも治まっていない時代だったが、とても遠いヨーロッパ大陸までどうにか飛んで行き新たな歴史を書いた。いわゆる韓国サッカーのW杯挑戦史の始まりだった。

その後世界のサッカーの中心から再び遠ざかった韓国は、1986年のメキシコ大会を通じて本戦のグループリーグに復帰した。しかし感激の初勝利までは長い時間がかかった。1998年のフランス大会まで4大会連続で本戦に出場したが、1勝も収めることができなかった。W杯残酷史だった。

長い沈黙を破った大会はホームで開かれた2002年の韓日大会だった。釜山アシアードスタジアムで開かれたグループリーグ第1戦でポーランドを2-0で破り、半世紀にわたる思いを晴らした。そしてこの気勢を買ってグループリーグ第3戦でポルトガルを1-0で下しベスト16進出を成し遂げ、ベスト4まで上り詰める神話を完成した。

自信を得た韓国はグループリーグでこれ以上物怖じすることはなかった。2006年のドイツ大会ではベスト16には上がれなかったが、1勝1敗1分けと善戦し、2010年の南アフリカ大会でも1勝1敗1分けの優れた成績でベスト16行きのチケットを手にした。ただ最近開かれた2014年ブラジル大会は2敗1分け、2018年のロシア大会では1勝2敗でグループリーグを突破できなかった。

今回のカタール大会直前まで韓国は合計で6勝を収めている。このうち決勝トーナメントでの勝利は2002年大会のラウンド16でイタリアに2-1で逆転勝ちしたのが唯一だったし、残りの5勝はいずれもグループリーグでのものだ。

ところでここにはありがたくないジンクスがひとつ隠れている。第2戦での勝利がないという悪縁だ。過去のグループリーグでの5勝のうち3勝は第1戦で、2勝は第3戦で出た。第2戦での勝利はなかった。

最も優れた成績を収めた韓日大会でも第2戦での勝利とは縁がなかった。0-1でリードされ後半に安貞桓(アン・ジョンファン)の同点ゴールで均衡は合わせたが、最後まで流れをひっくり返すことはできなかった。続くドイツ大会でもフランスと1-1で引き分けた韓国は、南アフリカ大会とブラジル大会では第2戦で大敗した。アルゼンチンとアルジェリアを相手にそれぞれ1-4と2-4で敗れた。また、ロシア大会でもメキシコと対戦して1-2で敗れ、第2戦での勝利なしのレッテルをはがすことはできなかった。

2002年大会の前まで1勝も上げられなかった5回のグループリーグを合わせると、韓国は過去10回の第2戦で6敗4分けという低調な記録を出した。8回のベスト16進出失敗の決定的要因が第2戦での無勝利という計算だ。

そうした点から今回のカタール大会でも第2戦の結果が分水嶺になる見通しだ。ひとまず韓国はウルグアイとのグループリーグ第1戦を0-0で引き分けて悪くないスタートを切った。28日に対戦する第2戦の相手のガーナさえ下せるならば通算3回目のベスト16進出の橋頭堡を築くことができる。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기