본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>梨泰院の時とは違った…「赤い悪魔」数万人が埋め尽くした光化門(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

24日夜、ソウル光化門広場で赤い悪魔応援団の会員と市民が2022FIFAカタールW杯グループリーグH組の大韓民国対ウルグアイ試合開始前に応援歌などに合わせて熱い応援をしている。ウ・サンジョ記者

ソーシャル・ディスタンスが解除された中、梨泰院(イテウォン)惨事以降初めての大規模街頭応援は安全に対する憂慮の中で比較的に慎重な雰囲気で行われた。市民の間には期待と憂慮が分かれた。チョン・オクスンさん(63)は「理解できない。まだ惨事の悲しみに沈んでいる遺族が多い」とし「あまりにもすぐに(惨事が)忘れられるのは良くないと思う」と話した。チョンさん(16)は、「警察がきちんと統制しなければならないと思う」とし、「梨泰院惨事も予測したが起きたことだった。今回も人々が雰囲気に乗って熱狂するかもしれない」と心配した。

反面、イ・ウンギョンさん(23)は「新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではないので心配だ」とし「3年ぶりにソーシャル・ディスタンスが解除されたので、皆で熱く応援できる空間は必要だ」と話した。この日、米国の家族と光化門一帯を見に来たイム・ソナさん(44)は、「以前よりもっとよく準備したと信じている。いつにも増して安全が確保されるのではないかと思う」と話した。キム・ギョンモ君(16)は「梨泰院惨事で多くの人が涙を見せた。これが正しいかと思った」としながらも「皆一緒に憂鬱になっているので、もう少し人々が嬉しく楽しく遊んでも良いのではないかと思う」と話した。

集会主催側は試合開始前の事前行事から数回「何より重要なのは皆さんの安全だ」「あまりにも多くの人が集まっている」として注意を呼びかけた。世宗大王銅像の横には総合案内所や応急センター、運営本部、警察・消防指揮所が設けられた。警察は警察官41人と8つの機動隊などを配置し、舞台の周辺と近隣の傾斜路、光化門駅の出入口などを点検した。警察関係者は「区画を分けて人波を分散し、観測組を運営して人波が集結する状況をリアルタイムで確認している」と話した。

ソウル消防災難本部も消防公務員54人と消防車9台と119救急隊4台、救助隊2台を光化門広場一帯に配置し、事故に備えた。消防関係者は「救急車が速く動けるように別途の通行路を設け、119現場状況室も運営している」と述べた。ソウル市も自治区と傘下機関など276人を投入し、現場パトロールと安全管理に乗り出した。赤い悪魔応援団関係者は「応援団の安全管理人材を既存150人余りから300人余りに増やした」と話した。

この日の試合は0対0の引き分けで終わった。25日0時、試合が終わった後、広場に集まった人々は、警察と案内要員の統制によっていかなる事故もなく散らばった。


<W杯サッカー>梨泰院の時とは違った…「赤い悪魔」数万人が埋め尽くした光化門(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기