본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

カタール批判にFIFA会長「北朝鮮もW杯開催可能」…ビール販売禁止も説明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2022カタールワールドカップのロゴ。

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長(52)が「北朝鮮もワールドカップ(W杯)開催国になることができる」と明らかにした。

英紙デイリーメールは20日、インファンティーノ会長のこの発言を紹介して「どんな国でもW杯開催国になることができ、FIFAはそれによって世界が一つになることを望んでいるという趣旨」と説明した。インファンティーノ会長は「数年か前に北朝鮮が女子W杯を(韓国と)共同開催できるかどうか、その可能性を調べるために北朝鮮を訪問したことがある」とも明らかにした。インファンティーノ会長が北朝鮮を事例に挙げたのは、21日に開幕する2022カタールW杯の開催国カタールが「W杯開催国の資格がない」という批判を受けているためだ。

外国人労働者の人権や同性愛差別などの問題があるという指摘だ。

インファンティーノ会長は「北朝鮮もW杯を開くことができる」という比喩でこれを防御しようとする趣旨だとみられる。

インファンティーノ会長は「FIFAはサッカー団体であって政治団体ではない」としながらも「ただし、我々は人々が手を携えて助け合うことを望んでいる」と話した。あわせて「どんな国でもW杯を開くことができ、北朝鮮が開催したいと言っても同じこと」と付け加えた。続いてインファンティーノ会長は「訪朝は結局成功的な結果にはつながらなかった」とし「それでも参加だけが真の変化をもたらすことができ、我々FIFAは世界を統合する組織としてあり続けることを望んでいる」と話した。北朝鮮の最近のW杯出場は2010南アフリカ大会だ。W杯の歴代最高成績は1966年イングランド大会8強進出。インファンティーノ会長は「我々はそれぞれ異なる宗教・歴史・背景を持っているが同じ世の中に生きている」とし「したがって我々はそれぞれ違うという点を理解しなければならない」と強調した。

インファンティーノ会長はこれに先立って19日、カタールのアル・ラーヤンのカタール・ナショナル・コンベンションセンターに用意されたW杯メインメディアセンターで開かれた大会開幕記者会見で、スタジアム周辺でビールを売ることにした計画を開幕2日前である18日に電撃撤回したことに対する説明も行った。イスラム国家であるカタールは酒類の販売および飲酒が禁止された国だが、W杯期間には一部指定場所でビール販売が許可された。だが、大会開幕直前、スタジアム周囲のビール販売場所を除去することにした。インファンティーノ会長は「今大会に関するすべての決定はカタールとFIFAの『共同決定』」と強調し、一日4競技が同時に開かれる今大会の特性と人々の移動量などを考慮した措置だと説明した。あわせて「フランス、スペイン、スコットランドなどのスタジアムでも酒は禁じられている」とし「個人的には一日3時間程度は酒を飲まなくても暮らせると考える」と付け加えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기