본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国債・韓電債「ダブルブラックホール」…韓国企業、資金調達厳しく

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の「タカ派発言」で世界金融市場が揺れている。パウエル議長は「物価安定のためにさらに高い金利が必要だ」と述べた。

そうでなくとも不安定な韓国国内の資金調達市場も厳しい状況を迎えた。FRBの持続的な利上げ基調のため、すぐにも国内企業の資金調達に影響が出るという見方も出ている。米国の国債、公社債など優良債券への資金の流れが加速し、債券市場の不安定が再発するということだ。

金融投資協会によると、韓国国債(3年物)利回りは前営業日比0.063ポイント上昇した4.158%で取引された。政府の債券市場安定対策以降は下落傾向が続いていたが、また反騰している。これはFRBの利上げ以降、米国債の利回り上昇による連鎖効果だ。2日(現地時間)、米国債(3年物)利回りは0.069ポイント上昇した4.573%となった。

世界で最も安定した資産に挙げられる米国債(信用格付けAaa級)が高い金利収益まで保証すれば、国内外の資金は自然に米国債に向かう。一方、相対的に信用度が低い韓国の国債や社債は従来より利子が高くなってこそ投資家を引き込むことができる。特に信用度が高くない企業がすぐに打撃を受けるとみられる。米国債が世界の資金を引き込む状況で、国内では韓国電力公社など信用度が高い公企業が高い金利を掲げて市中の資金を吸い込む、いわゆる「ダブルブラックホール」現象が生じているからだ。

資本市場研究院のファン・セウン研究委員は「9月末から韓電債が会社債より高い金利を提示しても投資家を集められない状況」とし「限界線上にある企業が崖っぷちに追い込まれるかもしれない」と懸念を表した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기