본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

台湾国防部「中国軍、台湾海峡グレーゾーン進入常時化するだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

台湾国防部は8月6日、駆逐艦「馬公」が中国護衛艦「馬鞍山」を監視する映像を公開し、対抗姿勢を鮮明にしている。 [写真=台湾国防部 ツイッター映像 キャプチャー]

台湾国防部が「中国軍が中国と台湾の実質的境界線と見なされてきた『台湾海峡中間線』の越境や防空識別圏(ADIZ)への進入のようなグレーゾーン進入を常時化するだろう」と明らかにした。

3日、聯合報など台湾メディアによると、台湾国防部は今月5日の立法院(国会)業務報告を控えて提出した最新業務報告書でこのように明らかにした。

国防部は報告書で、中国が全世界の視線が膠着状態に陥っているロシアとウクライナ戦争の状況に集中した状況に乗じて台湾海峡の中間線を越えるなど、台湾海峡の現状を一方的な破壊したり活動範囲を拡大したりしていると説明した。

特に8月のナンシー・ペロシ米国下院議長の訪台以降、中国軍が大規模な合同軍事訓練を通じて軍事改革の成果の検証および台湾に対する封鎖作戦を訓練したと付け加えた。

国防部は中国軍が8月の合同軍事訓練当時、情報戦やサイバー戦のほか、民心を揺さぶろうとする認知戦(cognitive warfare)などを同時運用して台湾軍の士気低下を企てて戦争が近接したという恐怖を世界に作ったと強調した。

これは沖縄-台湾-フィリピン-マラッカ海峡につながる第一列島線内の中国による海・空軍の軍事的行動の増強が台湾に対する強い圧迫の以外にインド太平洋地域に対する軍事的拡張の野心を表わし、地域および全世界の安保に衝撃を与えようとする狙いだと解釈した。

これに伴い、今後中国軍用機や軍艦が台湾海峡中間線を越えて台湾ADIZへの進入および台湾本島と24カイリ(約44km)距離の接続水域に近接した活動が次第に常時化され、台湾軍が過去よりもさらに多くの挑戦に直面するだろうと伝えた。

だが、台湾軍は中国軍の常時化されたグレーゾーン進入に対し、軍用機や軍艦などによる警告放送を通した撃退とモニタリングおよび防空ミサイルの追跡監視システム稼働などで積極的に対応処理すると強調した。

台湾海峡中間線は1954年12月、米国と台湾間の相互防衛条約締結後、1955年米国空軍将軍であるベンジャミン・デイビスが中国と台湾の軍事的衝突を防ぐために宣言した非公式境界線だ。

台湾軍事専門家は中国軍用機の台湾海峡中間線と台湾ADIZ侵犯を「ニューノーマル(新しい標準)」にしようとする戦術であり、特定地域を紛争地のままにするための「グレーゾーン戦術」と解釈している。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기