본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

プーチン予備軍動員令の波紋…韓国滞在のロシア人青年たち眠れず(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
8月末に韓国に来たビタリ(34)はソウル・九老洞(クロドン)一帯で日雇いで働くロシア人だ。いまは60日の短期ビザで滞在しているが近く長期就労ビザを取り韓国に安定的に居住して働くのが目標だ。だが最近彼は不安感でまともに眠れずにいる。ロシア政府が予備軍動員令を出しいつ徴集されるかもわからない状況に置かれたためだ。彼は「すでに故郷の友人2人が戦場に連れて行かれた」として2本の指を立てて見せた後、「韓国にもっといたいのだが…。ロシアに行ったら二度と韓国に来ることはできないだろう」としながらうなだれた。

ソウルのある大学でロシア語学科大学院に通うディオニシヤ(29)の事情も大きく変わらない。ロシアで軍服務と学士まで終え2018年に韓国に留学に来た彼は準備中の修士論文も終えられないまま戦場に送られることにならないか心配が山積だ。学生は動員対象から除外されるだろうというロシア政府の当初発表とは違い在学中の青年たちも相次いで動員されているという話が伝えられ焦燥感はさらに大きくなっている。彼は「この数年間あらゆる苦しみの末に韓国の大学で積み上げてきた研究成果と経験が一瞬にして水の泡と消える状況。韓国にいるロシア人には何の選択権もないというのがもどかしいばかりだ」と吐露した。

ロシア政府がウクライナ戦争に投じる予備軍動員令を宣言した後、韓国に滞在するロシア人労働者と留学生の不安感が日増しに大きくなっている。徴集通知が出されればすぐに駆り出されるほかないばかりか兵役法上徴集対象者の身分ではビザの延長も事実上不可能なためだ。

韓国法務部によると、昨年韓国に長期または短期で滞在するロシア人は2万1326人で、欧州の国で最も多かった。このうち男性は1万849人で、徴集対象である20~30代が半分以上の5317人を占めた。当初7000人台だった韓国滞在ロシア人は2014年に韓国とロシアのビザ免除協定が発効してから増加を続け、2017年には2万人を超えた。だが最近動員令が電撃発表されると互いに安否を尋ねながら徴集関連情報をやりとりするなど大きくざわついている様相だ。

ロシアの青年労働者の身分が不安定になり、彼らが多く勤める建設現場や工業団地も尻に火がついた。働き手不足を訴える声が大きくなっている。京畿道安山(キョンギド・アンサン)で人材事務所を運営するイムさんは「わずか2週間前だけでもロシア人男性は時給1万ウォン、女性は9160ウォン水準だったが、突然先週後半からロシア人労働者が急激に減り今週は時給1万5000ウォンまで上昇した。この金額でも取引先の工場に派遣する人を確保できず大騒ぎだ」と求人難を訴えた。

外国人留学生が多い大学街でもロシア人学生たちが徴兵を逃れて身を隠し不法滞在する可能性が大きいという懸念が高まっている。外国人学生が多いソウルのある大学関係者は「コロナ禍初期にも中国に戻るのを拒否した中国人留学生が突然消えるケースがたびたび発生し大学が苦しい立場に置かれたりした。ロシア人留学生も戦場に送られるのを避けるために潜伏する可能性を排除することはできない状況」と懸念する。


プーチン予備軍動員令の波紋…韓国滞在のロシア人青年たち眠れず(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기