본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

プーチン大統領、動員令の支障認める…「失敗は正すべき」

ⓒ 中央日報日本語版

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が予備軍動員令に対する失敗を正さなければならないと明らかにした。動員令発表以降、徴集に支障をきたしていると初めて正式に認めた。

29日(現地時間)、ロイター通信によると、プーチン大統領はこの日「動員過程で多くの疑問が提起されている」としながら「すべての失敗は正さなければならず、今後失敗が発生してはいけない」と強調した。

あわせて多子女世帯の父親や慢性疾患を病んでいる患者、徴兵対象年齢が過ぎた人々などに言及した。彼らが動員されている事実を認めたといえる。

プーチン大統領は21日、第2次世界大戦以降、初めて動員令を宣言した。これに対してはプーチン大統領の支持者ですら批判の声を上げた。7カ月間のウクライナ戦争中に初めて発生したことだ。

これに先立ってロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官も26日、動員令にミスがあったとして地方政府と国防省が問題解決にあたっていると話した。ただし、プーチン大統領はセルゲイ・ショイグ国防長官や他の地域政府関係者を名指しで批判することはしていない。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기