본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシア、占領地併合日にウクライナを大規模攻撃…民間人90人死傷

ⓒ 中央日報日本語版
ロシアがウクライナ内の占領地4カ所(ドネツク・ルハンシク・ザポリージャ・ヘルソン)に対する併合条約締結を控えた30日(現地時間)、ウクライナ各地に大規模な攻撃を加え、90人近い民間人が死傷した。

ロイター通信、AP通信などによると、ウクライナ大統領室はこの日、ロシアが南部ザポリージャで民間人の車両行列に砲撃を加え、約25人が死亡、約50人が負傷したと伝えた。

ザポリージャ州のスタルフ州知事は自身のテレグラムに「車両の行列はロシア占領地に居住する親戚などを安全なところで連れて出るためにザポリージャに向かっていた人道主義護送隊であり、死傷者全員が民間人だった」と伝えた。テレグラムに掲示された写真では、燃えた車両と道路に倒れた死傷者が確認された。

ロシアは今回の攻撃について立場を表さなかった。一方、親露派のザポリージャ州政府関係者は「ウクライナ軍がまたテロ行為をした」とし「ウクライナ政権は卑劣な挑発で今回の事件をロシア軍の犯行に見せかけようとしている」と主張した。

ウクライナ内の他の都市にもロシア軍の攻撃があった。中部ドニプロではロシアのイスカンデルミサイルが運送会社を攻撃し、1人が死亡、5人が負傷した。南部ミコライウでは高層ビルがミサイル攻撃を受け、8人が負傷した。南部オデーサでは黒海上から発射されたイラン製自爆ドローンの攻撃が続き、このうち一部は防空網により撃墜された。AP通信はこの日に報告されたロシアの攻撃はこの数週間で最も強力だったと強調した。

専門家らは「ウクライナに対する西側の支援を無意味にするほど戦争を拡大しようとするロシアの戦略によるものだ」と分析した。

ロシアのプーチン大統領はこの日午後、大統領府でウクライナ内の4カ所の占領地と領土併合条約を結ぶ予定だ。条約が締結されれば、これら占領地はロシアの法律上ロシア連邦領土となる。プーチン大統領は「自国の領土に対する攻撃を防御するためにあらゆる手段を使用する可能性がある」と核の脅威を与えている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기