본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米政府「北朝鮮、数カ月以内に7回目の核実験が可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

米国のサリバン大統領補佐官

米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が、北朝鮮の7回目の核実験が「数カ月以内に起こり得ること」と明らかにしたと、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が22日(現地時間)報じた。報道によると、サリバン補佐官は同日、ブルームバーグ通信のポッドキャスト対談番組で、北朝鮮の核放棄の進展についての質問にこのように答えた。そして北朝鮮の非核化問題について「クリントン元大統領まで多くの大統領が扱ってきた難しい問題」とし「昨年、北朝鮮は数回にわたって長距離ミサイル試験を行い、7回目の核実験を行う可能性があるとわれわれが警告してきた」と強調した。また、「われわれは今も今後数カ月以内に(北朝鮮が)核実験ができると考えている」とし「われわれは北朝鮮に韓半島(朝鮮半島)の非核化に向けた外交を着実に進める意思があることを明らかにしたが、これまで北朝鮮が全く興味も示していない」と述べた。サリバン補佐官は最近提起された北朝鮮とロシアの兵器取引疑惑についても言及した。また、「北朝鮮がロシアに兵器を売っているという報道が何を示唆するのか」という質問に、「ロシアに残りの選択肢が多くない」とし、「ロシアは独自の弾薬が不足しているようだ」と答えた。そして「ロシアに喜んで兵器を販売しようとする国々が多くない状況で、ロシアがウクライナで戦争を続けられるように弾薬や他の種類の兵器確保のためにイランや北朝鮮のような国々に目を向けざるを得なかったようだ」と説明した。サリバン補佐官は11月、インドネシア主要20カ国(G20)首脳会議の時、米中首脳会談が開かれる可能性を認めた。また「現在計画された会談はない」とし、「米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席が会談に出席するため、両首脳が直接向かい合う機会が生じるだろう」と明らかにした。また、「(米中首脳会談が)直接向かい合って両国関係など広範にわたって懸案を議論する初めてのチャンスになり得る」と付け加えた。ただ「実際に会談が開かれても主要合意が出るとは期待せず、両国の利害が一致する一部の懸案で進展があるだろう」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기